中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

活動報告

中西けんじの国政報告をはじめ、所属している各委員会での議論内容などについてご報告させていただきます。

国会活動

APEC財務大臣会合:昨日深夜

2020年09月26日 (土)

5L1LL2

社会・経済のぜい弱な部分、特に中小零細企業とその従業員への打撃が大きいとの認識を共有し、継続的な景気刺激策が必要であると共に財政の持続可能性と透明性の改善が重要であることなどを盛り込んだ「新型コロナウイルスのパンデミックの軽減及び回復に係るAPEC バーチャル財務大臣声明」を採択しました。

財務副大臣:就任挨拶

2020年09月23日 (水)

1 2

職責の重大さを改めて強く心に刻み、皆様の激励とご期待にお応えするべく全身全霊をつくして職務を遂行して参ります。

高度人材受入れ促進:読売新聞1面トップ

2020年09月20日 (日)

1L

「世界が大きく動いている中で、『いま』人材の移動を促すには何が必要か」
私が座長として取りまとめてきた自民党の「金融人材等の高度人材受入れプロジェクト」の提言案が取り上げられています。政府・与党一体となって、即効性のある施策を打ち出していきたいと思います

財務副大臣を拝命しました

2020年09月19日 (土)

10

国際金融の世界に21年。「日本という国の将来に、みんなが期待を持てるように」との思いから政界に転じ10年。素晴らしい機会を与えていただきました。
ご期待にそえる様、全力を尽くします。

自由民主党 総裁選挙:「私の取り柄は仕事です」

2020年09月15日 (火)

119476372_689657788303813_8976922754243218562_n

菅義偉候補に投票しました。

菅新総裁のこの言葉が非常に印象に残りました。新総裁のもと、さらに精進して参ります。

憲政史上最長となる7年8か月に渡り、様々な課題に取り組んでこられた安倍前総裁の偉業に改めて敬意を表します。

自由民主党総裁選挙 菅義偉候補 出陣式

2020年09月08日 (火)

119037958_388778738778717_3858725741926428515_n

国民の皆さんに一日でも早く安心できる生活を取り戻していただく為には、官房長官として安倍政権を支え続けてきた菅義偉候補こそ適任です。
自由民主党総裁選では、菅義偉候補に皆さんのご支援を賜りますようお願い申し上げます。菅義偉候補の総裁選特設ページ↓も是非ご覧ください。

在留資格を持つ外国人の再入国全面解禁:読売朝刊

2020年08月23日 (日)

118258569_435217714099630_8882197612443334835_n

これは官邸や法務省出入国在留管理庁に何度も見直しを求めてきた件です。ようやく改善されました。
中長期の滞在資格を持ち、我が国に生活基盤のある在留外国人は、まさに今わたしが自民党の「金融人材等の高度人材受入れプロジェクトチーム」の座長として、積極的に招聘しようとしている人材の先輩たちです。
その彼らが「日本人は再入国できるが、どんな資格だろうが何年住んでいようが外国人だからダメ」という扱いを受けている姿は、「日本へ、、」と考えている人の目に果たしてどう映るでしょうか?せめて緊急事態宣言が解除された時点で、解禁すべきだったと思います。

金融人材等の高度人材受入れプロジェクトチーム会合

2020年07月15日 (水)

冒頭2入場

昨晩のワールドビジネスサテライトで取り上げられました(下段写真)
世界の企業が「今後のビジネスをどうして行くのか」考え直している今、「人の動いていく先」「働く場所」として「日本がどうしたら選ばれるのか?」しっかりと検討を進めていきます。

新型コロナ:家賃支援策の「制度概要」発表

2020年07月04日 (土)

yachin-kyufu-1yachin-kyufu-2

大型連休中に自民党の「賃料支援プロジェクトチーム」の一員としてとりまとめた「家賃支援給付金」の制度概要が、昨日経済産業省から正式に発表となりました。
まだ申請方法や対象業種などの詳細は検討中ですが、出来るだけ多くの方にご利用いただける制度設計としましたので、家賃の支払いに苦労をされている中堅・中小企業、フリーランスを含む個人事業主の皆さん、申請をご検討ください。

海外金融人材 獲得後押し:日経朝刊

2020年07月02日 (木)

IMG_8839
昨日の会議の内容が詳しく報じられています。座長としてスピード感を持って取り組んでいきます。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61030800R00C20A7PP8000/

メディアリンクはこちら »

カテゴリ

地元活動はこちら
このページのトップへ