中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

活動報告

中西けんじの神奈川県下での地元の活動の様子を、写真を中心に掲載しております。

地元活動

駅頭 センター北駅

2011年07月06日 (水)

今朝は横浜市都筑区のセンター北駅に立ちました。

直射日光の下ではありましたが、風が時折吹いていたので、まずまず過ごしやすい中での駅頭活動となりました。
といっても汗はしたたり落ち、ハンカチで汗を拭いながらでしたけれども。

センター北駅は目の前にマンションがあり、マイクで音を出すのは差し控えて、「おはようございます。」と挨拶しながらチラシを配ることに専念しました。挨拶を返して下さる方が大変多くて清々しい気持ちで駅立ちを終えました。

日曜日には厚木市議会議員選挙の投開票があります。みんなの党では3名公認候補者を立てています。
その応援も頑張らねば。 

「とびきり美味しいカレーを届け」隊

2011年07月05日 (火)

7/4。南相馬市原町へフランス料理シェフによる「とびっきり美味しいカレー」炊き出し隊が出発しました。前回二本松市でご好評いただいた企画。今回は友人や事務所の仲間が参加しますが、私は都合で参加できずお見送りをしました。

以下は、参加した事務所スタッフからの報告です。

5/9に続いての参加、今回は南相馬市です。地震や津波の被害に加えて、原子力発電所事故によって避難せざるを得なくなっている浪江町や双葉町などの警戒区域(半径20キロ以内)の方々が避難している中学校、小学校の2ケ所で時間をずらして実施しました。ここは福島第一原子力発電所から約30キロぐらいのところにある避難所です。

最も近いインターチェンジは常磐富岡ICでしたが、常磐道が一部通行止めになっているので、東北自動車道の福島西ICから2時間ほどかけて、一般道で南相馬市に向かいましたが、途中ホットスポット地域とされる飯館村を通過しました。ホットスポット地域とは周辺に比べて特に放射線量が高い地域であり、計画避難地域に指定されています。

飯館村に入った途端、持参していった腕時計式のガイガーカウンター(放射線量計量器)のアラーム音が鳴りだし、数値を確認したところ、最高では毎時1.82マイクロシーベルトまで一気に上がりました。例えば同じ時間帯の神奈川県川崎市では0.04マイクロシーベルトでしたし、この放射線量を1年間浴び続けると、1日24時間、1年は365日ですので、各々をかけ合わせると、約16ミリシーベルト(1ミリシーベルト=1000マイクロシーベルト)になり、一般人に許容されるとされる一つの目安が20ミリシーベルトですので、いかに放射線の数値が高いかがお分かりになるかと思います。

目に見えない放射線との闘いは精神的にも一段と厳しいですね。

  

さて、炊き出しは原町第二中学校と原町第一小学校で行いました。避難者の数は各々150名、100名で、中学校は校舎が避難所になっていて、食堂は2階、カレーのあたためは4階の理科室をお借りしました。たくさんの方たちのお越しいただき、「おいしい、おいしい」と何度もおっしゃって頂きました。

  

2ケ所めの小学校は体育館が避難所になっていました。この体育館は完成直後でまだ落成式も行っていないそうで、避難所が最初の利用になってしまったそうです。体育館が避難所となっている小学校では、食堂とか団らんスペースといった独立したスペースがないために、みなさんが各々自分のスペースのところに食事を持って行って食べるという状態でした。
また体育館の中に100名もの方がいらっしゃり、大型の扇風機を何台か回しているものの、蒸し暑さが凌げるには程遠い状態で、すでに避難してから3ケ月半が経過して、生活が改善されるどころか、むしろ夏場を迎え一層厳しくなっていることに対して、みなさん本当に疲れ切った雰囲気がひしひしと伝わってきました。

     

今回の各々のシェフが気持ちを込めた「とびっきり美味しいカレー」は、「ゴロゴロ野菜のシーフードカレー」「絶品!ビーフカレー」「まろやか ひき肉カレー」の3つ。中には3日間も時間をかけて熟成させたシェフもいらっしゃいました。カレーのみならず、今回も有機野菜のピクルス、デザートには焼き菓子、加えて普段なかなか飲めないというお茶のペットボトル、中学校ではちょっとの量ではありますがビールも用意しました。

  

今回は少しでも被災者の方に喜んでいただこうと、上海万博でも歌を披露された歌手の礼奈さんのミニコンサート、7月生まれの方へのケーキのプレゼントなどの企画も行いました。
配膳などで被災地の皆さんにお手伝い頂き、はじめは固かった被災者の皆様の表情がどんどん笑顔に変わっていくのに触れさせて頂き、本当に来てよかったとの思いを強くしました。

   

被災者の皆様からの勧めもあり、避難所から車で3分ほど海側に行った津波の被害地を見てから帰路に着きましたが、一瞬で家から田畑までを飲み込む津波の脅威を目の当たりにし、あらためて一刻も早い復旧・復興の必要性を強く感じました。

  

 

江ノ島マイアミビーチショー

2011年07月01日 (金)


↑玉串奉典

 

↑レスキューデモンストレーション

山から海へ。秦野の朝立ちのあとは江の島に向かいました。

今日7月1日は神奈川県内の多くの海水浴場で海開き。この夏の海の安全を祈願する神事に参列しました。 TUBEのメンバーが参加していたのでマスコミやファンの方々が多数来ていました。

玉串奉典をしてから江の島マイアミビーチショーのくす玉割り。江の島マイアミビーチというちょっとレトロな名前は藤沢市とマイアミ市が提携していることによるものだそうです。

ライフセーバーによるレスキュー・デモンストレーションもありました。ヘリコプターも出動しての本格的なものです。海の安全を心から願います。

ライフセービングで世界チャンピオンに4回輝いた遊佐雅美さんと塩坂源一郎県議とスリーショットの写真を撮らせてもらいました。

塩坂県議は別の写真でもTUBEのメンバーの間に顔を出しているのがありますが、皆さんお分かりになりますか。

 国会は週明けからやっと動き出しそうです。週末は宮城県でのボランティア活動にいそしみます。

 

駅頭 藤沢駅

2011年06月29日 (水)

 

朝から気温が異常に高い一日。藤沢駅で汗びっしょりになりながら、塩坂源一郎県議、有賀正義市議と駅頭活動をしました。

あまりに暑いのでビラの受取り率が低いかなと予想していましたが、そうでもなく、多くのかたに受け取っていただきました。
6月から猛暑日ですとこれから先が思いやられます。

国会は先週の会期延長の議決以来、皮肉なことに一切の審議がストップしており、委員会も本会議も立っていません。
地元活動以外は、党内の会合や識者を招いてのエネルギー政策の勉強会などが主体となっています。 

国会見学

2011年06月27日 (月)

 

 

 

7回目の国会見学バスツアーを催行しました。
3月中旬に行う予定だったバスツアーをキャンセルして以来です。

震災後世情も国会も全く落ち着かない状況が続いていますが、皆さんに国会のことをよく知っていただくことが大切だとして始めたツアーですので、通常国会の当初閉会予定日(6月22日)の後には再開しようと思っていました。

今日は横浜市港北区の方々を中心にご参加いただきました。

田中朝子衆議院支部長、豊田有希横浜市議がアテンド。

議事堂内を見学する前に議員会館の会議室で40分ばかり、復興政策、電力政策や政局の行方についてお話をさせていただきました。
その後、会館内の私の執務室をご覧いただいてから、衛視のガイドによる議事堂見学、議員食堂での昼食、さらに場所を移して東証アローズ見学という内容のツアーです。

 帰りがけに多くの方に「参加してよかった。国会が身近になった。」と言ってもらいました。

今後も是非とも続けていこうと思います。

駅頭 平塚駅

2011年06月25日 (土)

昼から雨で気温が下がるという天気予報がはずれて連日の真夏日。
土曜日なので上着も脱いで半袖シャツで街頭演説をしました。

苗字が中西さんという方が自転車を横に置いてずっと演説を聞いてくださったのが印象的でした。

平塚はもうすぐ七夕祭り。商店街ではその準備が進んでいるようです。
昨年の選挙戦中に、七夕祭りの人出を目当てに平塚で街頭演説をすべきかどうか思案をし、大混雑の中で迷惑をかけるといけないという判断でやめておいたことを思い出しました。

あれからもうすぐ一年。

駅頭 向ヶ丘遊園駅

2011年06月24日 (金)

今朝は小田急線向ヶ丘遊園駅北口に立ちました。

これまで南口に立つことが多かったのですが、ツイッターで「北口は通勤の人が多いから来てみたら」というお誘いがあり、では行ってみようということでの駅頭でした。

多くのかたにチラシを配布することもできましたし、ツイッターでやり取りをしていた方にも無事お会いすることができました。

 今朝はそのほかにも昨年の参議院選挙で全国比例でみんなの党から出馬した、元上越市長の宮越馨さんとばったり遭遇。新潟のほかに川崎市に拠点をもって、ビジネスに専念しているとのことでした。大変お元気そうでした。

 本当に暑い一日でしたね。皆さん、熱中症などにお気をつけください。

「G1サミット2011」-若手政治家が語るこの国の未来-

2011年06月21日 (火)

『日本の各界のリーダーが集い、日本の、世界の明日について3日間に渡って激論を交わした「G1サミット2011」』(グロービスホームページより抜粋)で、中西けんじがパネリストとして参加したセッション「若手政治家が語るこの国の未来」のレポートが主催者のグロービスのホームページに掲載されました。

「財政赤字、少子高齢化、社会保障――。山積みする問題を抱えている中で、新たな国のビジョンをどう描くべきか。次代を担う政治家たちが、この国の未来を、超党派で議論する。」と紹介されています。是非ご覧ください。

レポートはこちら

駅頭 宮前平駅

2011年06月20日 (月)

竹田のぶひろ川崎市議会議員と宮前平駅に立ちました。
竹田市議は4月の当選後も毎日欠かさず宮前区内の駅に立って活動を続けています。

今朝の宮前平の駅立ちでも、ビラの受取り具合や肯いて通行されるかたの表情に竹田市議の毎日の努力の積み重ねが表れているように感じました。地道な活動を続けていくことは本当に大切だと思います。

今朝は気温はそんなに高くはなかったのですが、梅雨の合間の晴れ間の直射日光を浴びての街頭演説でしたので、汗びっしょりになってしまいました。

新しい一週間の始まり、頑張ってまいりましょう。 

駅頭 上大岡駅

2011年06月19日 (日)

カミーオ前での街頭演説。地域が主体となる復興をするべきであること、電力の供給体制の地域独占を排すること、外為特会の有効活用を図ることを国会で提案するつもりであることを中心に話しました。ビラの受取りが非常に良く、用意していたビラはすべてはけてしまいました。今日もボランティアの方に助けていただきました。

「応援している」、「頑張れ」というお声掛けを大変多くのかたにいただきました。有難うございます。励みになります。

このページのトップへ