中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

活動報告

中西けんじの神奈川県下での地元の活動の様子を、写真を中心に掲載しております。

地元活動

瀬谷フェスティバル  /  駅頭 鷺沼駅

2010年10月24日 (日)

朝から曇り空で雨が降ってこないか心配でしたが、午前中から昼過ぎまでの屋外での活動はどうにか降られずに済みました。まずは横浜市瀬谷区の瀬谷フェスティバルで挨拶をし、その後川崎市宮前区の鷺沼駅で、金曜日に駅頭活動をともにした竹田のぶひろさんと街頭演説。鷺沼駅も感触は大変良好で励みになります。

第5回みどりの風まつり

2010年10月23日 (土)

横浜市緑公会堂で行われた「緑の風まつり」でお話をさせていただきました。これは江田憲司幹事長の支援者の方々が開催する会で、歌やダンスといった催しものが出される合間にちょっと堅めの国政報告会が入る、という硬軟取り合わせたイベントで多くの方がいらっしゃっていました。最近みんなの党から公認発表された候補予定者の多くも参加。

 

 

駅頭 宮前平駅

2010年10月22日 (金)

田園都市線宮前平駅に竹田のぶひろさんと立ちました。竹田さんは来年4月の川崎市議選に向けてみんなの党が公認発表しています。

統一地方選公認候補予定者とのコラボが増えつつあります。私も昨年から経験した「初めての政治活動」をしっかり支えていきたいと思います。

今週は早朝から議員会館に籠る日が続いていたので、今朝は駅頭に立つのが新鮮で爽快に感じました。

運動会・高津区 / 区民祭・宮前区、旭区

2010年10月17日 (日)

 

川崎市高津区内の二つの親子運動会でご挨拶をしてから宮前区民祭にお伺いしました。

区民祭は大変な賑わいで人出も数万人だったところだと思います。

次いで、金曜日に一緒に駅頭活動した大岩まさかずさんが合流し横浜市旭区の旭ふれあい区民まつりへ。

一通りご挨拶してからカレーをおいしくいただきました。

午後は横浜市南区六つ川地区の健民祭へも顔を出しました。

ほどがや区民まつり

2010年10月16日 (土)

県立保土ヶ谷公園で行われた保土ヶ谷区民まつり式典にみんなの党が公認発表した芳賀ようじさん(県政担当)、いそべ圭太さん(市政担当)と一緒に伺いました。

出店されている方々にご挨拶をしてから、金沢区海の公園へ。

金沢まつりいきいきフェスタは規模が大きくて全部まわりきるところまでいきませんでした。晴れ渡ってとても気持ちのいい一日でしたね。

駅頭 二俣川駅

2010年10月15日 (金)

来春の横浜市会選挙に向けてみんなの党からの公認が発表された大岩真善和(おおいわまさかず)さんと相鉄線二俣川駅に立ちました。

二俣川はいつも同様ビラの受取りが大変良好で元気づけられます。これから統一地方選挙にむけて候補予定者と神奈川県内で一緒に活動することが増えると思います。私の参議院選挙をお手伝いくださったかたが多く、気心が知れているので、活動をともにすることが楽しみです。 

駅頭 東戸塚駅  /  鎌倉観光フォーラム

2010年10月10日 (日)

朝方まではだいぶ雨が降りましたが、街頭演説を始めるころには空が明るくなってきました。 

東戸塚では相変わらず応援の声が非常に強く、スタッフ一同大いに元気づけられます。 

演説では「(1)先週国会では代表質問が行われたが菅首相の答弁は歯切れが悪い。(2)日銀の追加緩和策を評価。量的には一層の拡大を期待。政府がいかに有効かつ迅速な経済政策を実行するか。政府、国会へボールが投げられた。(3)中国との外交問題では安易にお茶を濁すような幕引きはすべきではない。領土という国家の本質に関わる問題。国際世論を味方にするためにもビデオの公開をすべき。昨日みんなの党の柿沢未途衆院議員ら超党派議員が尖閣諸島視察に行き、「領土問題は存在しない」と安閑と言っていられない現地の実感を体験してきた。(4)金曜日に衆議院選挙に向けて第一次公認予定者を発表。来春の統一地方選に向けてもすでに一次公認は発表。さらに追加公募をしているので興味のあるかたは是非。」というようなことを中心に話しました。

 夕刻は鎌倉観光フォーラムに参加。鎌倉茶がテーマだったので和室にてとりおこなわれました。正座はちょっと苦手です。

 

横須賀交流プラザ 講演会

2010年10月08日 (金)

横須賀交流プラザでの講演では、資料を用いて通貨政策、金融政策や尖閣諸島問題を論じました。

みんなの党が掲げる公務員制度改革、議員定数削減との関連で横浜、川崎、横須賀の現状についてもお話ししたところ、活発な意見の交換となりました。

駅頭 相模大野駅

2010年10月05日 (火)

秋らしい爽やかな一日でした。この時期は街頭活動をするのにも最適です。

しかし、これだけ毎日のように新聞の一面で、しかも、いくつもの事案で「検察」という言葉を目にするのは

まさに異常事態ですね。大阪地検特捜部、那覇地検、そして検察審査会。明日から国会では代表質問が始まります。

激しい展開になりそうです。 

 

駅頭 上大岡駅 /  南部市場まつり

2010年10月03日 (日)

8月下旬以来の上大岡となりました。あの時は暑かったですが、今日は大変快適でした。じっと立ち止まって聞いてくださった方々、本当にありがとうございました。

今日は以下のことを中心に話しました。

臨時国会が先週金曜日から始まり、菅首相の所信表明演説では野党への対話の呼び掛けはあったものの、総じて演説は抑揚がなく、具体的内容も乏しく、気慨が感じ取れなかった。今週以降はまずは外交問題、そのあとは補正予算を巡る論議が中心となる。

尖閣諸島の問題ではビデオテープの公開がまだおこなわれておらず、また公開を誰の決断でするかについてすらはっきりせず、政府の優柔不断な対応が続いている。もし中国を刺激したくないという理由から公開を見送るようなことがあれば、これは外交の機密性に該当するようなものではないと思われるので、もはや刑訴法といった法律上の理由もなく情報の制限が加えられることになり、この点で、自由主義国家の日本がお隣りの国と変わらなくなってしまう。

尖閣問題は日中2国間の問題にとどまらず、南シナ海で南沙諸島の領有権の問題を抱えるASEAN諸国が注視しており、前原大臣はビデオを見れば中国漁船が意図的に体当たりしてきたのは明白と言っている以上、ビデオを公開して国際世論を味方につけることが大事である。 

レアアースの実質的禁輸措置に明らかなように、日本は資源外交に積極的に取り組む必要があるが、政府が早速モンゴルとの共同開発について協議を始めたのは評価できる。

臨時国会では、みんなの党は公務員制度改革法案や政治主導確立法案をはじめとして、いくつもの法案を議員立法の形で提出することになる。 私自身が主体的にかかわるものとしては、財政金融委員会で審議される日銀法改正案と、政府が再提出してくる郵政民営化逆行法案への逆提案としての郵政民営化推進法案となる。

前者は15年間も続いているデフレから脱却するためには金融政策は非常に大切で、日銀にはもっと積極的に金融緩和を行ってもらいたい、それを促すために提出する。 

後者は小泉政権の時にわざわざ衆議院を解散して選挙をおこなって民意で決したはずの郵政民営化に関して、国民新党という少数与党に引きずられるかたちで、言わばなし崩し的に逆行がおこなわれるのは、プロセスとしても勿論おかしいし、内容についても官業の肥大化による民業の圧迫を許してはならないと考えているので是非とも民営化を前に進めたい。参議院選挙の結果に有権者の意見は表されているのではないか。 

 

このページのトップへ