中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

2016年06月11日 (土)

街頭@横浜駅西口

本日2ラウンド目は横浜駅西口!

ここでもダッシュ&握手の繰り返しで右腕の力がなくなってきました!

それでも温かいご声援をいただくと、またダッシュできる活力が湧いてくるんです!

参議院議員中西けんじ(神奈川県選出)

2016年06月11日 (土)

街頭@川崎駅東口

たくさんのボランティアの方々、川崎駅東口をご利用の皆様の応援をいただきながら、

ひたすらダッシュ&握手!

ペース配分など気にせず常に全力です!

次は横浜駅に向かいます!

参議院議員中西けんじ(神奈川県選出)

2016年06月10日 (金)

駅頭@あざみ野駅

朝から天気が良く、日差しが強いですね!

あざみ野駅は屋根があるので、日に焼けなくてすみました!しかし右に左に走っていると汗ばんできますね!

昨日に比べると最高気温が5度以上も上がるとの予想です。皆さん、熱中症にはご注意を!

参議院議員中西けんじ(神奈川県選出)

2016年06月09日 (木)

駅頭@藤沢駅

藤沢駅では、友田そうや藤沢市議の応援をいただきました!

皆様、連日ありがとうございます!

なんと、「今週だけで3回会ってますよ」という方がいらっしゃいました。運命を感じますね!

参議院議員中西けんじ(神奈川県選出)

2016年06月08日 (水)

駅頭@海老名駅

本日は海老名駅で駅頭活動からスタート!

地元の中込淳之介市議のお手伝いもいただきながら、たくさんの方と握手、握手!

昨日の疲れが少し残ってますが、入念なストレッチをし、気合を入れて相模原へ向かいます!

参議院議員中西けんじ(神奈川県選出)

2016年06月07日 (火)

「ブリキのおもちゃ博物館」館長北原照久氏との対談

世界的な玩具コレクターの北原照久氏との対談の模様は、すでにビラやメルマガなどでご覧になった方も多いかと思われます。ただ、スペースの問題で、写真をあまりご覧いただけていなかったので改めてホームページにも掲載させていただきます。

「リーダーとは希望を配る人」

(中西)七年前に初めてお会いした時から、すぐに波長が合いましたね。

(北原)僕は、やりたいことに向かっていく過程自体が楽しいんですよ。

(中西)わたしは、可能性を信じて挑戦することを大事にしています。二人とも、「人事を尽くして天命を待つ」タイプですね。結果の評価は、うつろいやすいものです。

(北原)それと明るさ。ナポレオン曰く「リーダーとは希望を配る人」。神様は、人間だけに言葉と音楽それに笑いを与えました。

(中西)明るさだったら負けません。ジョークはすべりますが(笑)。

(北原)アラジンの魔法のランプって、実は「いつも良いことを願っていなさい」という自分の意識の持ち方を説いた童話なんですよ。

(中西)東洋医学でいう「病は気から」とも共通する考え方ですね。

 

視点を変えるとちがう世界がみえる

(北原)さらにいえば、「ああ、そういう考え方もあるんだ」っていうユニークな視点。陸から見た海の景色と、サーフボードで30m沖に出て見た陸の景色は全然ちがうでしょ。中西さんが世界的な金融機関で身につけた国際感覚に、期待するところ大だな。

(中西)JPモルガンの社員の多様性はすごかったですから、とても良い経験になりました。ところで、このコレクションは、世界中から集めたものですね?

(北原)ええ。ただ、良いものを集めたら九割がメードインジャパン。世界中のコレクターの狙いも同じ。サザビーズのオークションの値段をみたらビックリしますよ。日本人の勤勉さとかモノ作りの能力の素晴らしさの結晶です。

(中西)課題先進国といわれますが、日本にはそれを克服するべースがありますよね。先人たちのように、「新たなモデルを世界に示すんだ」という気概を持つ。国会の審議では、一歩前に進むための提言をすることを心がけています。

 

未来を見すえて

(北原)実は「こういうコレクションのミュージアムが、ビジネスとして成り立っているのは奇跡だ」と言われていましてね。

(中西)一切売らないとお聞きしましたが。

(北原)はい。ただひたすら集めて、モノに感謝をして大事にしていたら、いろんな人が集まってきて、、、「トイ・ストーリー」の監督は、「横浜のミュージアムからイメージが生まれた」といっていました。「モノの恩返し」ですね。

(中西)駅頭で政策を訴えている時に、足早にホームに向かうみなさんが声をかけてくださるんで、ものすごく勇気づけられます。この期待に応えて国政の場でしっかりとはたらくことが、「わたしの恩返し」です。

(北原)毎朝でしょ。すごいな。「体は食べ物で。心は聞いた言葉で。未来は話した言葉で作られる」。つまり未来の希望を、きちんと言葉として語っているんですね。

(中西)政治家は「有言実行」。しっかりと未来を見すえて発信していこうと思います。どうも有り難うございました。

 

中西けんじ(参議院議員、神奈川県選出)

2016年06月06日 (月)

駅頭@平塚駅

今朝は、平塚市議会清風クラブ所属議員のみなさん総出の応援をいただきました。

昨日「梅雨入り宣言」が出され空模様は若干怪しかったのですが、平塚駅周辺は活気にあふれていました。

参議院議員中西けんじ(神奈川県選出)

 

 

2016年06月05日 (日)

街頭@横浜駅東口

本日も多くのボランティアのみなさんやスタッフに支えられて街頭活動を行いました。

ここ横浜駅東口には、ほとんど毎週のようにお伺いしています。そのため、お声を掛けてくださる方や、握手や手を振って応援をしていただける方が着実に増えていることを実感しています。

一呼吸置いたところで、拍手をしてくださったご夫婦がいらっしゃいました。本当にありがとうございます。

参議院議員中西けんじ(神奈川県選出)

 

2016年06月04日 (土)

4区決起集会

本日、鎌倉芸術館において、中西けんじ4区決起集会を行いました。
浅尾慶一郎衆議院議員からは、「中西は2008年に浅尾事務所を訪ねてきたとき、『日本という国の輝きを取り戻したい』と言った。それは、今の日本が抱える一番大きな課題である」と振り返りつつ、「日本の可能性を引き出せる実現力のある人こそ、国会議員になるべき」と心のこもった激励をいただきました。
これまで国会質問力No.1という評価をいただいておりますが、今後は政策の企画・立案・実現力No.1も目指してまいります。
参議院議員中西けんじ(神奈川県選出)

 

2016年06月03日 (金)

新たに有権者となったみなさんとの対談


7月10
日に予定されている参議院選挙で、初めて選挙権を行使することになる皆さんにお集まりいただきました。

ご出席いただいた方同士がいずれも初対面ということもあり、最初は緊張気味・遠慮気味だったのですが、時間が経つにつれて率直なご意見をうかがうことができました。こちらがドキッとするようなものも、、、

痛感したのは、「政治が身近なものではない」ということです。

「遠くにいた政治が、突然そばにやってきたという感じです」

「はっきりいって政治って何だっけですね」

「テストに出るんで、国会や政府の仕組みは丸暗記しました(笑)」

「通学の時に街頭活動を見かけても、学校の中に入ると記憶から消えています」

「学校の中は、政治的無菌状態というか政治は存在しないものですね」


「政策に関してはどうですか?」とお聞きしたところ、ほとんど全員から「はて?何でしょうって感じです」という答えがかえってきました。

そこで少し具体的に説明をすると、

 

「就職にものすごく影響するんで、景気動向は気になります」

「奨学金とか年金の問題には関心があります」

と言うところまではたどり着くのですが、

「ただ、政治と経済政策とがダイレクトには結びついていません」

「具体的に選挙とどうつながっているのか、ピンと来なくて、、」

「やっぱり政治って何?になっちゃいます」


その結果かもしれませんが、「『僕らが選んじゃっていいんですか』っていう戸惑いがあります」「分かっていないのに投票して、変な人を選んだらまずいですよね」という方もいらっしゃいました。

若者の投票率が低いことに関しては、「無関心」といった批判的な意見が多いですが、実は「真剣に考えると投票できない」という視点も必要なのかもしれません。


ただ、「分からない」「身近ではない」といいながらも、

「スキャンダルの審議の印象が強すぎて、『これって政治家の仕事なの?』と思うことがあります」

「真面目に政治に取り組んでいますは、ニュースじゃないんでしょうね」

「クラス討論会だったら、先生から『ただの揚げ足取り』ってストップがかかりますよ」

「両極端の主張をする人が大きな声を出しているという印象があります。中道の人たちは黙っているし、街頭にも出てこないですよね」

「ダメだ!反対だ!というのなら、対案は?って聞きたくなります」

と、政治のあり方に関するするどい指摘が続きました。最近はディベートを授業に取り入れている学校が増えたので、「正しい討論のやり方」に関しては若い人の方が理解が深いかもしれません。


これまで政治とは無縁の生活をしてきたみなさんが、突然「あなたには選挙権があります。きちんと考えましょう」と大量の情報にさらされる状態になったことに対して

「膨大な量の情報に振り回されるのが怖いですね」

「ウソであっても、大量に流されると『「そんなものかな』と思ってしまうかもしれません」

「自分自身の基準がまだ明確じゃないんで、情報の取捨選択が難しいですね」

と戸惑いながらも、きちんと危機意識を持っていることには逆に頼もしさを感じました。


「政治」という大きなテーマに関して、自由に発言をしていただいたので結論めいたものはありませんでしたが、最後に

「ただ、自分の一票が生きてほしいとは考えます」

という発言をお聞きできました。


私からは、

「世の中で起きていることは、すべて政治とつながっています。みなさんの一票は重要です。投票をしないということは、『ほかの人の判断にお任せします』ということになりかねません。是非投票所に足を運んでください」

と申し上げました。

お知らせ

バックナンバー

このページのトップへ