中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

2015年07月31日 (金)

7/30(木)参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会報告② ホルムズ海峡封鎖による機雷掃海

本日は、平和安全法制特別委員会において、ホルムズ海峡の機雷掃海の根拠を質しました。

現在、参議院では、集団的自衛権の行使を可能とする安全保障関連法案を審議しております。その中で、安倍総理は、集団的自衛権行使の具体例として、ホルムズ海峡の機雷掃海を挙げています。

ホルムズ海峡は、インド洋からペルシャ湾に入るところに位置しており、日本に輸入される原油の8割が通過する海上交通の要衝です。安倍総理は、「この海峡が機雷で封鎖されると、電力不足によるライフラインの途絶が起こる。病院への電力供給も滞る可能性がある。」としてホルムズ海峡での機雷掃海の必要性を説明しています。

 

確かに、「日本の原油の8割の供給が途絶する」と聞くと、「日本の電源の8割が喪失する」という印象を抱きがちです。しかし、2014年度のエネルギー資源別の発電実績(資料参照)を確認したところ、石油による発電実績は全体の9.3%に過ぎません。そのため、ホルムズ海峡経由の石油に由来する発電実績は、全体の7.6%程度にとどまることが伺えます。

そこで、安倍総理に対して、「発電実績全体の7.6%の電力の不足を持って、集団的自衛権行使の根拠となる、国民生活への死活的影響が生じる明白な危険があると考えているのか」と質問しました。

安倍総理からは、「我が国の原油の8割の輸入が途絶えると、生活の足である乗用車の使用に支障が生じる。救急車のガソリンも足りなくなる。また、物流自体が停滞し、相当大きなインパクトを与えることが想像に難くない。冬場に供給が途絶すると、灯油やLPガスが枯渇をして、寒冷地において国民の命にかかわりかねない。」とのご答弁をいただきました。

 

しかし、このご答弁は、国民生活への死活的影響が生じる「明白な危険」とまで言えるのでしょうか。

確かに、ガソリン不足や灯油の不足は生じるかもしれません。しかし、石油は半年分の備蓄があり、救急車など緊急車両を中心にガソリンを供給すれば、国民生活への死活的影響は避けられると思われます。また、暖房器具は灯油やLPガスにかぎらず、エアコンや炬燵、セラミックファンヒーターもあります。

なによりも、安倍総理は、「経済的理由だけで武力行使を行わない」と答弁していたにもかかわらず、本日の答弁では「物流自体が停滞し、(経済に)相当大きなインパクトを与える」として経済的理由を挙げております。救急車両や寒冷地での死活的影響は回避可能である以上、これは経済的理由だけで武力行使(機雷掃海)を行うケースに当たるのではないでしょうか。

 

政府の集団的自衛権の説明は、いたずらに不安感をあおっている印象が拭えません。他方で、野党は、「戦争法案」といったレッテルを貼り、こちらも感情論で議論しているように感じております。

確かに、東アジアを巡る安全保守環境は緊張の度合いを高めております。建設的な議論になるように、論理的な観点から安保法案の審議を進めてまいりたいと思います。

 

 

2015年07月31日 (金)

7/30(木)参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会報告① 集団安全保障による機雷掃海の可否

本日は、平和安全法制特別委員会において、ホルムズ海峡の機雷掃海は、集団安全保障を通じた国際貢献として行うべきではないか、と質問しました。

現在、参議院では、集団的自衛権の行使を可能とする安全保障関連法案を審議しております。その中で、安倍総理は、ホルムズ海峡の機雷掃海を、原則禁止である海外派兵の例外の具体例として説明しています。

 

ホルムズ海峡は、インド洋からペルシャ湾に入るところに位置しており、日本に輸入される原油の8割が通過する海上交通の要衝です。この海峡が機雷で封鎖されると、日本の原油の輸入が滞るため、安倍総理は、集団的自衛権を行使して機雷掃海を行うべきである、と説明しています。

しかし、日本から1万1000キロ離れた海峡の機雷掃海を、自衛権で説明することに違和感を覚えます。

 

確かに、海上自衛隊の機雷掃海能力は、国際的に極めて高く評価されています。これは、周囲を海に囲まれた日本が、第二次世界大戦中に、米軍の機雷封鎖に悩まされ、機雷の掃海とともに戦後の復興を果たしたことに由来します。

しかし、機雷の敷設は、沿岸国に対する不法行為であるのみならず、その海域を通航する国際社会に対する迷惑行為であるといえます。

そのため、日本から遠く離れた海域での機雷の掃海は、自衛権の行使ではなく、国連を中心とした集団安全保障(加害行為を行う国に対して、他の国連加盟国が制裁を加え、被害を受けた国の主権を回復し、原状に復帰させる仕組み)として取り組む方がふさわしいのではないでしょうか。

 

そこで、以下の点を質問しました。

①機雷掃海を、国連を中心とした集団安全保障措置として捉えるべきではないか。

②機雷掃海を、海外派兵の例外として行うのであれば、集団的自衛権行使の一般要件(新三要件)に加えて、別の要件が必要になるのではないか。

 

安倍総理からは、以下のご答弁をいただきました。

①について

「ホルムズ海峡における機雷の敷設が(集団的自衛権を行使する要件となる)存立危機事態に該当する場合、我が国の行う機雷の掃海は、我が国の自衛の措置であり、国際法上の根拠が、集団的自衛権であっても集団安全保障であっても変わらないと考えている。」

②について

「我が国が高い機雷処理能力と実績を有している以上、存立危機事態に当たるような場合、我が国が各国と協力して機雷掃海に当たることは当然と考える。存立危機事態に該当する場合、国際法上の根拠が、集団的自衛権であれ、集団安全保障であれ、新三要件のもと機雷の掃海を行うことが必要であると考える。」

 

安倍総理としては、集団的自衛権も集団安全保障措置も区別することなく、機雷掃海を認める立場のようです。しかし、憲法上禁じられている海外派兵の例外として捉えるのであれば、より慎重な要件を求めるべきではないでしょうか。

今後も集団安全保障措置としての捉え方を検討して参ります。

2015年07月31日 (金)

毎日新聞に掲載されました!

7月30日(木)参議院我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会での質問が毎日新聞で取り上げられました。

 

2015年07月29日 (水)

7/30(木)参議院 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会で質問に立ちます!(NHK中継あります)

■日時

2015年7月30日(木) 15:50~16:07→16:14~16:31へ変更となりました。

時間は前後する可能性がございますのでお気を付け下さい。

 

■内容

1.機雷掃海に対する国民の理解について

2.ホルムズ海峡封鎖による原油・天然ガスの途絶について

3.機雷敷設の法的位置づけについて

 

■答弁者

安倍総理大臣、岸田外務大臣

 

■視聴方法

NHK中継

参議院ホームページURL http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php (終了後もご覧いただけます。)

 

2015年07月27日 (月)

7/25(土)国政報告会

国政報告会を開催いたしました。
猛暑が続きますが約100名の方にご来場いただき、誠に感謝申し上げます。

皆さまを前にお話するのは3月の陽春の集い以来となりますが、この間、皆さま御存知の通り衆議院では安保法案が大荒れの中通過いたしましたが、私なりの考えを述べさせていただきました。
私は国家の防衛体制を整備することは当然必要としながらも、現在の議論の進め方には非常に疑問を持っております。
例えば安倍総理があげるホルムズ海峡の機雷掃海の例などは、多くの日本人にとって馴染みが薄く、わかりずらいのではないでしょうか。
ただし、海上自衛隊の機雷掃海技術は大変優れており、湾岸戦争後の海上自衛隊の仕事は世界から賞賛されているものです。
このような事例は「集団的自衛権」ではなく国連を中心とした「集団安全保障」の概念で解決すべき問題だと私は考えます。
集団的自衛権の必要性は日本周辺の有事など、もっと別のところにあるはずです。
今後は参議院での審議を通じて、法案の問題点を追及して参りたいと思います。

また、私が去る3月17日(火)の参議院予算委員会において質問いたしました、旅館業法の規制緩和が国家戦略特区に盛り込まれたことをお話いたしました。
政府は訪日観光客を2020年に2000万人、2030年に3000万人に増やすという目標を立てていますが、宿泊施設の供給が追いついていません。
私は海外で利用者が増加しているネットを介した個人間の貸し借りサービスの事例を取り上げましたが、日本では旅館業法という法律により、個人間での宿泊の提供ができません。
これが実現できれば宿泊施設の供給不足や昨今話題になっている空き家問題を解決するチャンスにもなりえると考えているのですが、内容が薄いとは言え(特区限定、万博などの国際イベントがある時だけなど)、成長戦略に盛り込まれたことは一歩前進したと言っても良いのではないでしょうか。

規制緩和をはじめとする成長戦略、経済政策については、最近の安倍総理の力の入れようが安保法制のそれに比べて小さいと最近感じています。
※理美容業界、医院と薬局の在り方など。

これらの問題を引き続き参議院で取り上げていくところですが、私が参議院に残らなければ始まりません。
来年の参議院選挙にはご来場の皆さまをはじめとした、日頃ご支援いただいている方々の応援を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

2015年07月13日 (月)

質問主意書≪安保法制⑫ 吉國長官答弁 再質問≫

 

議長提出:2015年07月13日

内閣転送:2015年07月15日

回   答:2015年07月21日

 

(more…)

2015年07月13日 (月)

国政報告会のご案内

皆さまにおかれましては日頃より温かいご支援ご鞭撻を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、来る7月25日(土)に恒例となりました「中西けんじ国政報告会」を下記の通り開催する運びとなりました。
政府・与党は安保関連法案の確実な成立を目指すため、戦後最長の95日間会期延長に踏み切りました。また、民法改正案・労働基準法改正案・IR法案(カジノ法案)などの重要法案の審議入りの目処が立たず、与野党ともに正念場を迎えた国会運営となっております。
このような喫緊の政治課題にについて皆様方にご報告致したく、ご多忙の折かとは存じますが万障お繰り合わせの上、ご来場賜りますようよろしくお願い申し上げます。

■日時:2015年7月25日(土)

■時間:13:00~14:00(開場12:45)

■場所:ワークピア横浜 3Fいちょう
横浜市中区山下町24-1 (TEL)045-664-5252
http://www.workpia.or.jp/access/index.html

■会費:無料

※会場の都合上、ご参加の際は必ず以下方法でお申し込み頂ければ幸いです。

■お電話の場合■

中西けんじ横浜事務所までご連絡下さい。
ホームページをご覧になった旨をお伝え下さい。
→中西けんじ横浜事務所:045-641-6511

■FAXの場合■

以下、必要事項ご記入の上、中西けんじ横浜事務所までFAXをお送り下さい。
ホームページをご覧になった旨をご記載下さい。

①お名前(必須)
②ご住所(必須)
③お電話番号(必須)
④メールアドレス(任意)
→中西けんじ横浜事務所 FAX番号:045-641-6513

■メールの場合■

以下、必要事項をご記載の上、メールをお送り下さい。
ホームページをご覧になった旨をご記載下さい。

①お名前(必須)
②ご住所(必須)
③お電話番号(必須)
④メールアドレス(任意)
→中西けんじ横浜事務所 メールアドレス:info@nakanishikenji.jp

2015年07月07日 (火)

「財政健全化計画は楽観的すぎる!」(インターネットTV「超人大陸」より)

インターネットTV「超人大陸」 7/6号 に中西けんじが登場しております。

わかりやすい言葉で話しをしておりますので、ぜひご覧ください。

 

超人大陸 動画はこちら

2015年07月06日 (月)

質問主意書≪安保法制⑪昭和47年政府見解の論理的整合性と法的安定性 再質問≫

 

議長提出:2015年07月06日

内閣転送:2015年07月08日

回   答:2015年07月14日

(more…)

2015年07月06日 (月)

質問主意書≪安保法制⑩昭和47年政府見解における論理の解釈 再質問≫

 

議長提出:2015年07月06日

内閣転送:2015年07月08日

回   答:2015年07月14日

(more…)

お知らせ

バックナンバー

このページのトップへ