中西けんじ公式ホームページ/自由民主党衆議院神奈川三区(鶴見区、神奈川区)

活動報告

中西けんじの国政報告をはじめ、所属している各委員会での議論内容などについてご報告させていただきます。

国会活動

憲法審査会

2023年05月26日 (金)

Image

 
国民投票の投票環境整備のための国民投票法改正案は、1年前に国会で趣旨説明がされたにもかかわらず、立憲民主党・共産党の反対で法案審議が行われていません。付託された法案の審議を行うのは国会の責務であると強く訴えました。
 
3加工後2S__17342490加工後

衆議院本会議:財務大臣不信任決議案反対討論・動画/全文

2023年05月19日 (金)

静止画
 
防衛費の財源確保法案の審議日程を遅らせることだけが目的としか思えない財務大臣不信任決議案に対して、怒りを込めて反対討論を行いました。是非ご覧ください。
 
+++++++++++++++++++
自由民主党の中西健治です。
 私は、自由民主党・無所属の会および公明党を代表し、ただいま議題となりました財務大臣鈴木俊一君不信任決議案に対し、満身の怒りを込めて反対の立場から討論を行います。
 冒頭、本不信任決議案の反対理由を述べる前に、先週の財務金融委員長解任決議案に懲りず、今回、本不信任案の動議を提出された立憲民主党諸君の一連の暴挙に対し、苦言を呈します。
先週12日に行われた財務金融委員会理事懇談会において、16日の委員会で財源確保法の採決を行う事に、御党も合意された上で、委員会がセットされました。理事懇談会の場では御党からは一切の異議も呈されませんでした。
それにも関わらず、委員会採決当日になり、合意事項を反故にし、財務大臣不信任の動議を提出と、全くもって矛盾する行為をした立憲民主党は言語道断であります。
一昨日の財務金融委員会の現場におきましては、8時50分の理事会開始予定時刻にも、そして9時の委員会開始時刻に至っても、立憲民主党からは電話一本はおろか、一切の説明が行われず、他党の理事、委員は直接的な情報はなにもないままに、無為に待ちぼうけを食らいました。あまりの委員会軽視、現場軽視と言わざるをえないのではないでしょうか。
このようなあまりにも身勝手な御党の行為に、他の野党会派も呆れているのは、態度を見れば一目瞭然であります。野党第一党として、到底ありえない行動をした事に対し、強く猛省を促した上で、以下、財務大臣鈴木俊一君不信任決議案に対する反対討論を申し上げます。
 鈴木財務大臣は、一昨年に財務大臣に就任されて以降、新型コロナや、ロシアによるウクライナ侵攻、物価高騰などの大きな変化に対応しながら、我が国の財政運営を的確に行ってまいりました。
また、先日、新潟で開催されたG7財務大臣・中央銀行総裁会議においても、議長国として各国の意見をとりまとめ、立派にその職責を果たされました。鈴木大臣には、今後も引き続き、財務大臣としての職責を果たしていただくことが、重要課題を抱える我が国の将来にとって不可欠であるのは誰の目から見ても明らかです。
 今回提出された不信任決議案においては、その理由として、防衛費増額を「身の丈に合わない」と断じていますが、「身の丈に合わない」とはいったい何なのでしょうか。不透明感、緊迫度を増している安全保障環境の中でわが国だけが「分をわきまえて、立ちすくんでいろ」ということなのでしょうか。激動する世界の中でその危機感の薄さには驚くばかりです。
また今般の防衛財源確保法案については「中身に乏しい」と断じていますが、財源確保策については、昨年末に閣議決定した「防衛力整備計画」や「税制改正の大綱」において、その全体の方針が明確に示されているところであり、今回の法案においては、特別会計からの繰入れなどのほか、確保した税外収入をプールするための「防衛力強化資金」の設置といった法律上の手当てが必要なものが盛り込まれています。
防衛力の強化は時間をかけておこなっていくものです。防衛費の財源の詳細は、行財政改革、税外収入・剰余金の活用、税制改正措置など、あらゆる可能性につき、段階的に丁寧に議論を進め、最大限の努力をし、財源を確定していくことこそが、負担をお願いする国民の皆様に対する真摯な態度ではないでしょうか。
今回の法案は、「今を生きる我々が将来世代への責任として」、防衛財源の安定的な確保に向けた道筋を示し、その第一歩を踏み出すものであり、今回の財源確保法案を提出した財務大臣の判断は、適切なものであると考えます。
 また、今回の財源確保法案の審議に当たっては、野党側の要望に応える形で35時間を超える審議時間の確保に努め、幅広い観点から充実した議論が行われてきたところです。
 不信任決議案の中において言及されている財源に関する各論点については、いずれも、委員会での審議において、鈴木大臣から真摯かつ丁寧な答弁が行われてきました。
鈴木大臣は予期しなかった質問に対しても、質問者の意図を真っすぐに受け止め、自分の言葉で委員会質疑に向き合ってきました。鈴木大臣が、本法案を「強引に」成立させようとしているとの指摘は全く当たらず、不信任決議案の提出は、採決日程を引き延ばすためだけの信義則にもとる愚行、単なるパフォーマンスと言わざるを得ません。
 防衛力の抜本的な強化のみならず、こども子育て政策など、様々な重要課題が山積する時期において、今こそ財務大臣の果たすべき役割・責任は大きなものであり、鈴木大臣を信任することがあっても、不信任とすることは到底考えられません。
 以上、不信任決議案に掲げられた理由が、いかに的を射ていないものであるかを申し上げ、断固反対を表明するとともに、提案者に対して強く反省を求めまして、私の反対討論を終わります。

志公会と語る夕べ

2023年05月19日 (金)

Image1加工後 346142118_927814301839024_4528551963027289617_n加工後 347564931_1007406937336950_8656440666410633157_n加工後 347637892_670819541457560_54282149771246116_n加工後 347806972_1408908566344151_8956296725808541112_n加工後
 
麻生太郎会長率いる政策集団『志公会』のパーティーには、立錐の余地のないほど大勢のお客様にお越しいただきました。4年ぶりの立食形式のパーティーでは、皆さまとアクリル板なしに直接お話しすることか出来ました。皆さま、有難うございました。

水素社会推進議員連盟:水素トラック試乗会

2023年05月08日 (月)

Image391324FC-676B-4576-A52C-CD5CB61F8A96加工後 LINE_ALBUM_202358いすゞ見学_230508_18加工後 LINE_ALBUM_202358いすゞ見学_230508_31加工後 LINE_ALBUM_202358いすゞ見学_230508_66加工後
 
水素には充電インフラや価格など多くの課題がありますが、電気自動車よりも航続距離が長いので商用トラックにこそ商機があると思われます。いすず自動車がトヨタと開発したトラックは、加速が良く乗り心地も極めて快適でした。韓国、ドイツ、スウェーデンなどに負けないように、日本のメーカーの後押しをしていきます。

インドネシア出張:濃密な3日間

2023年05月06日 (土)

Image24B15864B-02A4-423F-B1DF-6434D7F7814D加工後 86E22CE1-722F-4A88-AA60-59B1C5CF3C93加工後 7824EA9A-6FDA-4EAF-B5E9-7D650313686D加工後 36763D85-6612-4F18-8689-C02ADB2BD963加工後 88888227-5D60-424D-8F2A-F976B791A2F3加工後 B097CF8C-EFB1-48F3-95CE-C738B47A3C71加工後 ED06BFA9-BDC1-4B66-908E-47ED1F9160C6加工後 F0BEFB44-4A6D-4D74-973E-99A35E9571B8加工後 F250E4A9-8237-4B1E-ACC3-F88F78EB680B加工後
 
最高裁長官、ASEAN本部、インドネシア仲裁センター、JICA(現地で法制度整備支援をしている日本の裁判官、検察官)とミーティング。最高裁の歴史博物館を見学。潜在的な成長力の大きさ改めて実感しました。法制度を含めた脆弱な社会基盤の整備など、相互の利益と発展のためにしっかりと取り組んでいきます。

インドネシア出張・2日目

2023年05月05日 (金)

Image21D2A5535-8FCD-4620-8F87-5B50E30D7E0C加工後加工後2 13D830D1-FB32-4A0A-B849-E6D4478F5F4E加工後 19FF8D81-6C87-4177-865E-AC918EBE0BB7加工後 91FE78FB-FDEF-4197-986F-2F102152B168加工後 AC90BB69-CA3D-49D1-B01E-7D10C4DC903C加工後23E684A0-858E-44E3-94B2-88F48F949CF7加工後 4FCB87DC-5210-47B7-A73F-B85AF4674F07加工後494877D0-1E92-4C0C-B396-01DB6901C14C加工後 A704BBC3-84CA-41EF-8C2D-6A8F31F0802A加工後
 
朝の市場見学から始まり、人権法務省、薬物犯収容所、日本進出企業、インドネシア商工会議所、アジア最大のイスラム教モスク、そして対ASEAN日本代表部とのミーティングと濃密な時間の中で、数々の気づきがありました。やはり時間と体力を使って実際に行ってみることが大切ですね。

司法外交議連・出張:金杉インドネシア大使と

2023年05月04日 (木)

Image23CE6F878-4C22-4906-AE45-5800E2D799B5加工後135079D5-F185-40DA-A1AA-88621535B770加工後A91DC98F-CDC1-4DE2-A1B4-D352AC156790加工後2C032DA0-6364-43D6-B3E4-5F57D2E736A6加工後
 
成長著しいインドネシア。ジャカルタは最早シンガポールです。日本のODAで整備された地下鉄は、時間通りの正確な運行で人々の生活パターンまで変えているとのことです。自転車フレンドリーなところは見習いたいですね。

国会日程:通常モード

2023年04月13日 (木)

LINE_ALBUM_20230409花_230409_6加工後
 
お早う御座います。黄砂が気になりますが、爽やかな朝ですね。今日は国会日程が非常に厳しく、9時から5時までの間で空いているのは35分(しかも、15分、10分、10分と細切れ)。夜にも会合が入っています。選挙モードから通常モードに切り替えて頑張ります。

リフィニティブ・リッパー・ファンド・アワード2023

2023年03月09日 (木)

Image2集合写真_1 中西議員_1 中西議員_2 中西議員_31
 
優れた投資信託や年金の運用者の表彰です。貯蓄から投資への流れを太くするには、NISAのような制度拡充、金融教育、そして何と言っても「国民のニーズにあった優れた運用商品」が選べることが大切です。期待を込めて祝辞を述べました。

第90回自由民主党大会

2023年02月26日 (日)

Image4
 
「日本を守り、未来を切り拓く。」岸田総裁が力強く演説中です。総裁演説に先立って、長年に渡り党の支援をしてくださった皆さまに対する表彰が行われました。有難うございました。統一地方選、衆議院補選に向けて一致結束頑張ってまいります。
このページのトップへ