中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

活動報告

中西けんじの神奈川県下での地元の活動の様子を、写真を中心に掲載しております。

地元活動

10/23(木)みんなの党神奈川県総支部設立記念講演会&パーティ

2014年10月24日 (金)

みんなの党神奈川県総支部設立記念 講演会並びにパーティを開催いたしました。

阿蘇秦野市議の力強い開催宣言で始まりました本会は、実に約500名の方々が神奈川県各地から
お越しいただき、盛況のうちに終えることができました。
ご来場いただいた皆さま、ご案内いただいた全議員、ボランティアでお手伝いいただきましたスタッフの方々に
総支部代表から心より御礼申し上げます。

私からは主催者として、本会は来年に控えた統一地方選挙に向けてのプレ決起集会として位置づけさせていただく旨の
ご挨拶をさせていただき、続く講演会ではみんなの党の経済政策として、
安倍政権は身を切る改革が足りないこと、消費税増税によって伴う消費者の痛税感が高まっていること、
金融緩和というアクセルによって景気が上向いてきたところに増税がブレーキをかけていることをご指摘し、
みんなの党は徹底した規制改革を政府に訴えていくことをお話させていただきました。

浅尾代表はみんなの党の進む道として、みんなの党が結党時に有権者から期待されていたこと、
すなわち徹底した行財政改革、市場重視の経済政策、道州制を目指した地方分権の徹底について、
一歩も変わっていないことを強調し、
松沢総支部顧問は県と政令市の二重行政問題について、政令市の県議会を半分にし、約10億円の財源を確保するという
まさに身を切る改革を発表され、
井上総支部副代表は拉致問題について、ご自身の経験から北朝鮮がいかに手強い交渉相手であるかを説かれ、
ここに与野党の壁をつくってはならず、全国民の関心の高まりがなければこの問題は解決しないことをお訴えいたしました。
いずれもみんなの党の議員でなければ発表できないであろう政策であり、
来年の統一地方選挙に向けて党の特徴を明確にすることができたと思います。

また、ご来賓の松田町の本山博幸町長からもみんなの党へ心強いメッセージをいただきました。
誠にありがとうございました。

懇親会では普段お目にかかれない方とご挨拶やお話をする機会に恵まれ、
みんなの党へのご期待をしっかりと受け止めさせていただきました。
壇上で決意表明を行った地方議員と一丸となり、統一地方選挙は挙党態勢で臨んで参ります。
引き続きのご支援、どうぞよろしくお願い申し上げます。

このページのトップへ