中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

活動報告

中西けんじの国政報告をはじめ、所属している各委員会での議論内容などについてご報告させていただきます。

国会活動

質問主意書《経済財政の中長期試算 その2》

2011年09月27日 (火)

議長提出:2011年09月15日
内閣転送:2011年09月16日
回答     :2011年09月27日(内閣総務官室より遅延の連絡あり)

内閣府「経済財政の中長期試算(平成二十三年八月十二日)」に関する質問主意書

先般提出した「内閣府「経済財政の中長期試算(平成二十三年八月十二日)」に関する質問主意書」(第百七十七回国会質問第二八四号)に対する答弁書(内閣参質一七七第二八四号)を受領したが、質問に対して明確な答弁がなされていない事項があることから、以下、再度、質問の趣旨を明確にして質問するとともに、関連して追加質問を行う。

一 同答弁書では、「税収に関する資料の提出については、提出に際して再確認を行う必要があった」とあるが、再確認を行った事項及び内容のすべてを明らかにされたい。

二 内閣府「経済財政の中長期試算(平成二十三年八月十二日)」(以下「本試算」という。)の結果に関して分析を行うために個別の税目別の税収等の具体的な算出結果について明らかにするよう求めてきた。同答弁書にいう「財政健全化目標の進捗状況等を点検し、中長期の経済財政の姿を展望すること」が本試算の目的であれば、具体的な算出結果を明らかにすべきと考えるが、政府の見解を示されたい。

三 同答弁書には、本試算は「経済財政モデル(二〇一〇年度版)」に基づき試算された旨の記述があるが、当該モデルでは、所得税、法人税、消費税、酒税及びたばこ税については明示的な取扱いを行っていると認識している。これらの税収は、定められた推計式あるいは定義式によって算出された数字すなわち計算で求められたままの数字を用いており、算出された数字を人為的に修正するものではないと理解しているが、それで間違いないか。

四 前記三で人為的に修正していない場合、これら五税について同答弁書にあるように再確認を行ったとすれば、その必要性につき説明されたい。また、自動的に算出された数字であるにもかかわらず、同答弁書にあるように「正式の試算値としての検討は行っていない」という取扱いとする意味を明らかにされたい。
一方、前記三で人為的に修正している場合には、どのような修正を行ったのか、使用した係数等を含めて詳細に説明されたい。また、そうした修正は「経済財政モデル(二〇一〇年度版)」の設計及び運用上、どこに定められた手順なのかについても明らかにされたい。

右質問する。

内閣参質一七八第一四号
  平成ニ十三年九月二十日

                                                                                          内閣総理大臣 野田 佳彦
参議院議長 西岡 武夫 殿

 先に送付を受けた貴院議員中西健治君提出「内閣府「経済財政の中長期試算(平成二十三年八月十二日)」に関する質問」に対しては、国会法第七十五条第二項に規定する期間内に答弁することができないため、同項後段の規定によってその理由及び答弁することができる期限を別紙のとおり通知するので、よろしくお取り計らい願います。

参議院議員中西健治君提出内閣府「経済財政の中長期試算(平成二十三年八月十二日)」に関する質問に対する答弁書について

一 所定の期限までに答弁できない理由
  質問事項について検討する必要があり、これに日時を要するため

二 答弁することができる期限
  平成二十三年九月二十七日

 

内閣参質一七八第一四号
  平成ニ十三年九月二十日

                                     内閣総理大臣 野田 佳彦
参議院議長 西岡 武夫 殿

 参議院議員中西健治君提出「内閣府「経済財政の中長期試算(平成二十三年八月十二日)」に関する質問」に対し、別紙答弁書を送付する。

参議院議員中西健治君提出内閣府「経済財政の中長期試算(平成二十三年八月十二日)」に関する質問に対する答弁書

一について
お尋ねについては、 提出した資料に記載した数値及び文言を再確認したものである。

二について
 先の答弁書(平成二十三年九月六日内閣参質一七七第二八四号)五及び六についてでお答えしたとおり、「経済財政の中長期試算」(平成二十三年八月十二日内閣府公表)は、「新成長戦略」(平成二十二年六月十八日閣議決定)に掲げたマクロ経済目標及び「財政運営戦略」(平成二十二年六月二十二日閣議決定) に掲げた財政健全化目標の進捗状況等を点検し、中長期の経済財政の姿を展望することを目的としており、このため、試算の日的に必要な範囲で、経済成長率、基礎的財政収支、財政収支等を簡潔にお示ししているところである。

三について
 「経済財政モデル(二〇一〇年度版)」(平成二十二年八月内開府公表)に基づき算出された数値について人為的な修正は行っていない。

四について
 個別の税目別の税収については、試算過程における数値であることから、正式の試算値としての検討は行っていない。

(提出にあたって)

前回受領した答弁書を受けて、再度質問主意書を提出しました。
質問主意書は国会開会中にしか提出できませんので、臨時国会の開会を待って質問主意書を再度提出しました。
政府は通常は7日以内の9/22までにに回答をしなければならないのですが、提出後に内閣総務官室より「総理が(国連総会への出席で)不在という事もあり、27(火)に延期させて頂きたい」との連絡ありました。
時間がある分、しっかりと中身のある返事をいただきたいと思います。

(回答を受けて)

政府の不誠実な対応と言わざるを得ません。再度質問主意書を提出したいと思います。

このページのトップへ