中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

活動報告

中西けんじの国政報告をはじめ、所属している各委員会での議論内容などについてご報告させていただきます。

国会活動

第178回臨時国会閉会にあたって

2011年09月30日 (金)

野田新政権が誕生して初めてとなる臨時国会が9/13に開会されましたが、当初は総理の所信表明演説とそれに関する衆参両院での質疑のみを行い、わずか4日間で閉会ということを与党民主党は主張しました。野党の抗議により、結果として国会はひとまず14日間延長されることが与野党間で合意されましたが、みんなの党は問題が山積している中、再延長を主張してきましたが、残念ながら聞き入れられず本日9/30に第178回臨時国会は閉会しました。

野田総理は所信表明演説で、「正心誠意」重責を果たしていく決意だと述べました。またこの歴史的な国難から日本を再生していくため、与野党は徹底的な議論と対話によって懸命に一致点を見出そうではないかとも述べました。

総理の国連総会への出席という外交日程はあったものの、総理が不在の1週間は、各委員会で担当の大臣が所信表明と質疑を行うことができたにもかかわらず、結局は今臨時国会では衆参の予算委員会以外の委員会は開催されませんでした。我々みんなの党は、国会という公の場で徹底的に政策論議をすることは大賛成なのですが、開催要求に応じることなく、野田総理は就任早々、その言葉と行動が全く異なるという、この2年間民主党政権が踏んできた轍を、はじめの一歩から踏んでしまいました。

予算委員会では国会の日程については「各党の国対でよく話をして欲しい」という答弁を繰り返しました。しかしながら野田総理は民主党の代表でもあるわけです。各党の国対委員長が国会日程において代表の意見を確認しないままに他党と調整を行うことはありえないわけで、つまりは野田民主党代表が国会の延長や、委員会開催について了承しなかったということです。

こうした国会運営のみならず、今臨時国会での野田総理の答弁を聞いていると、ひたすら安全運転の答弁です。安全運転も度が過ぎると、議論が深まらないばかりか、ほとんど中身がない答弁となってしまいます。ぜひともスピード感のある、実のある議論になってほしいものですが、残念ながら期待薄といった状況です。

安全運転答弁が続く中で、渡辺代表の衆院本会議での代表質問と、江田幹事長の衆議院予算委員会での質疑で、それまで菅前総理が「原発事故が終息するまで」と自主的に返上してきた総理大臣としての手当について、野田新総理は返上を行わない旨の答弁を行いました。9月末で切れる毎月50万円の国会議員歳費カットについても延長しない考えを示しました。総工費が105億円にも上る朝霞の公務員宿舎の建設についても見直しは行わないと述べました。

「この国の持てる力のすべてを結集しようではありませんか」「政府も企業も個人も、すべての国民が心を合わせて、力を合わせて、この危機に立ち向かおうではありませんか。」これは野田総理の所信表明演説の結びの中の文です。

まさに我が国のリーダーたる内閣総理大臣が、「覚悟」をもって、率先垂範して、力強く国民の先頭に立っていかなければなりません!これまでの2人の民主党政権下での総理と同様、民間での経験、マネジメントの経験のない野田新総理にも「リーダーシップ」の欠如を感じざるを得ず、本当に残念です。

次回臨時国会の開会時期はいまだ明らかではありませんが、3次補正予算審議において、みんなの党は、「増税なき復興」を目指して、これまで主張してきた財源をフルに活用した大幅な規模の補正予算案を提出して政策論争を徹底的に行うつもりでいます。

個人的なことで申し上げれば、通常国会と臨時国会の合間を縫って、江口克彦みんなの党最高顧問を団長とするみんなの党有志議員で4日間台湾を訪れてまいりました。今年は孫文の辛亥革命からちょうど100年の節目の年であり、また来年1月14日には総統選と立法院の同日選挙が行われます。政治的な関心が高まりつつある時宜を得たときであり、またなんといっても世界の国々に比して突出した台湾からの東日本大震災被災者への200億円という義援金について謝意を表する良い機会であったと思います。江口団長とは25年以上お付き合いのある李登輝元総統をはじめ、馬英九総統、王金平立法院長、黄茂雄東元電機会長、蔡英文民進党主席などの台湾の政財界の要人と面談をすることができました。また台中にも足を延ばして、白冷圳、宝覚寺、921地震教育園地などを訪れることもできました。こうした経験を政治の場で活かすべく、一層努力してまいります。

メディアリンクはこちら »

カテゴリ

地元活動はこちら
このページのトップへ