中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

活動報告

中西けんじの国政報告をはじめ、所属している各委員会での議論内容などについてご報告させていただきます。

国会活動

みんなの党は続々と法案を提出しています!

2011年08月12日 (金)

覚悟を持った政策集団であるみんなの党は、政府提出の法案にただ反対するのではなく、党としての考えをアジェンダに落とし込み、その上で個別の対案を作成して法案として、あるいは緊急提言として参議院や関係大臣に提出をしています。

■「みんなの党スーパーストレステスト法案」(正式名称:「原子力発電所等の緊急評価等に関する法律案」)7/7参議院に提出

政府は5月に中部電力に対して突然浜岡原発の運転中止を要請し、中部電力はこれに応える形で運転を停止しました。運転を止めることに異論はありませんが、なぜ浜岡だけなのか、なぜ要請なのかなど、そのやり方については大いに疑問の残る方法でした。安全の基準が不明瞭であることはその後の玄海原発の運転再開をめぐっての海江田経産大臣と菅総理の見解の食い違いなどの迷走ぶりを見れば明らかです。

そこで、みんなの党は、
○経済産業大臣または文部科学大臣は安全確保に関する指針を1ケ月以内に定めること
○指針策定にあたっては原子力安全委員会のほか、学識経験者の意見も徴収すること
○指針策定後すみやかにすべての原子力発電所、使用済燃料再処理施設について安全評価および経済評価をおこなうこと
○評価結果を国会に報告すること
○安全が確保されていないと評価された原子力発電所に対して大臣はその使用の停止あるいは安全を確保するための措置をとるべきことを命令することができる
という内容の法案を提出しました。

詳細はみんなの党ホームページをご覧ください。
http://www.yourparty.jp/news/office/000840/

■セシウム汚染牛についての緊急提言(8/1農林水産大臣 8/2厚生労働大臣に提出)

7/26に農林水産省が発表した緊急対応策は国が前面に出ないで民間任せにしていて不十分との思いから、みんなの党として以下の内容を柱とした緊急提言を7/29にとりまとめ、その後関係する農水大臣および厚労大臣に提出をしました。

○国または県による全頭検査の即時実施および出荷制限の解除
○全頭検査のための体制整備
○畜産農家、小売り・流通業者に対する一律の緊急金銭補償(風評による被害者も含む)
○国による金銭補償の全額仮払い(2次補正予算の8000億円の予備費の即日執行)

提言の詳細はみんなの党ホームページをご覧ください。
http://www.your-party.jp/news/office/000871/

■「国家公務員給与カット法案」(正式名称:「国家公務員の給与の減額措置等による国家公務員の人件費の総額の削減に関する法律案」)
「日銀法改正案」(正式名称:「日本銀行法の一部を改正する法律案」)8/5参議院に提出

復興財源確保のためにも、政府が腰砕けになっている国家公務員人件費2割カットを実現するための法案、そして震災で傷んでいる日本経済を一刻も早く立ちなおさせるため、政府と日銀による共通目標設定を織り込んだ日銀法改正案を再度今国会で提出しました。

法案の詳細はみんなの党ホームページをご覧ください。
http://www.your-party.jp/news/office/000889/

 

■「原発国民投票法案」(正式名称:「エネルギー政策の見直し及びこれに関する原子力発電の継続についての国民投票に関する法律案」) 8/11参議院提出

以下の内容を柱とする法案を8/11参議院に提出しました。

○本年9月末日までに今回の震災による原子力発電所事故を踏まえ「エネルギー基本計画」を見直し、国会に報告すること。
○原子力発電の継続について、国会の発議に基づいて国民投票を実施する。
○政府はエネルギー需給の施策を講じる際には、国民投票の結果を尊重しなければならない(法的な拘束力はなし)

法案の詳細はみんなの党ホームページをご覧ください。
http://www.your-party.jp/news/office/000899/

 

 

 

このページのトップへ