中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

活動報告

中西けんじの国政報告をはじめ、所属している各委員会での議論内容などについてご報告させていただきます。

国会活動

みんなの党は「予算修正案」を提出しています!

2011年03月04日 (金)

みんなの党は、2月28日衆議院予算委員会において、政府予算案に対するみんなの党の修正案である「予算組み替え動議」を提出いたしました。
残念ながら、みんなの党予算案は予算委員会での採決で否決され、その後政府案が採決の結果可決されましたので、衆議院本会議に政府案が上程され、深夜3時30分過ぎに衆議院で政府予算案が可決されました。

今回は、歳入の裏付けとなる「公債特例法案」や「税制改正関連法案」、歳出の根拠となっている「子ども手当法案」等の「予算関連法案」は衆議院で採決をしていないため、予算案のみが参議院に送付されるという極めて異例な事態が発生しておりますが、予算案の審議はいよいよ参議院で始まることとなります。

みんなの党が衆議院予算委員会に提出した「みんなの党予算案」の考え方・概要は以下のとおりですが、全体として、大胆な法人税率の引き下げ(40%→20%)などにより歳入は▲5.4兆円と減りますが、歳出も徹底したムダ・バラマキの排除等で▲30.6兆円と大きく減るため、国債発行額は25.2兆円も減らした19兆円にまで絞ることができるという案です。これであれば借金が税収(みんなの党案では約27兆円)を下回るという形での予算編成が可能となります。

本来、政権交代のときに民主党が国民に約束していた「総予算の全面組み換え」とはこういうものだったのではないでしょうか。国民はこうした予算が執行されることを望んでいるのではないでしょうか。

◇みんなの党 予算修正案◇

【1.増税の前にやるべきことがある!】

「徹底したムダの排除」

○議員歳費の3割削減、国家公務員人件費2割削減  :          費用▲1.2兆円
○補助費・委託費・庁費等の2割削減   :                   費用▲4.4兆円
○歳入庁創設による徴収増に伴う年金及び医療会計の負担減 :      費用▲3.0兆円

「埋蔵金の活用」

○労働保険特別会計積立金取り崩し     :                                          歳入+5.0兆円
○政府保有株式売却(日本たばこ(JT)/日本郵政/日本政策投資銀行/商工組合中央金庫の保有株式の1/4):
歳入+3.5兆円 
○国債償還の定率繰り入れ停止(過去11回実施)  :                           費用▲9.8兆円

【2.世界標準の経済政策の遂行を!】

「ばらまき施策の廃止~経済効果の薄い死金の根絶」

○「ばらまき施策」の廃止   :                                                           費用▲3.7兆円
(内訳)
・子ども手当の廃止(▲2.4兆円)(*1)
・高校無償化の廃止(▲0.4兆円)(*1)
・高速無料化の廃止(▲0.1兆円)
・農家戸別所得補償の廃止(▲0.8兆円)(*2)
(*1)相当額を地方の財源として確保(以下3参照)
(*2)別途「農業開国対策費」を地方の財源として確保(以下3参照)
○経済危機対応予備費等の廃止    :                                                費用▲1.2兆円

「強化すべき施策には大胆に費用を配分!」

○法人税率の半減       :                                                                歳入▲3.7兆円
○科学技術開発・育英事業の拡充    :                                            費用+0.3兆円
○農業開国対策費新設(以下3参照)   :                                       費用+1.0兆円

【3.地域主権型道州制の導入で格差の是正を!】

○消費税の全額地方移管       :                                                          歳入▲10.2兆円
○義務教育費国庫負担金の廃止 :                        費用▲ 1.6兆円
○消費税の地方移管に伴う、地方交付税交付金の減額 :                        費用▲10.2兆円
○新たに「地方一括交付金」を創設し地方に配分  :                                  費用+ 3.2兆円
(内訳)
・子ども手当・高校無償化相当額の地方財源への再配分(+2.8兆円)
・地方公務員人件費2割削減に伴う基準財政需要額の減額(▲0.8兆円)
・教員給与の2割削減を織り込んだ義務教育費国庫負担金からの移管:(+1.3兆円)
・農業開国対策費の地方への配分(+1.0兆円:上記2で計上済み)

このページのトップへ