中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

活動報告

中西けんじの国政報告をはじめ、所属している各委員会での議論内容などについてご報告させていただきます。

国会活動

国政報告

2010年09月03日 (金)

急激な円高、株安の進行に対して政府の対応が非常に緩慢であるため、みんなの党が財政金融委員会の閉会中審査(国会の閉会中であっても議院の議決があれば閉会中も会議を開いて審査または調査を行うことができることとなっています)を要求したことは前回の報告でも書かせて頂きました。日銀総裁が海外出張から戻る週明けの31日の開催を求めていたのですが、9月9日にようやく財政金融委員会が開催されることとなりました。

こうした中で、日銀は9月6-7日に予定されている金融政策決定会合を待たずに8月30日に臨時会合を開催し、3月の会合で20兆円程度の供給量の拡大を決めた0.1%の固定金利での共通担保資金供給オペ(新型オペ)について、追加的に10兆円程度、期間6カ月の資金供給を開始することを決定しました。しかしながら、残念なことにこの措置は、ずっと以前から市場で予想されていた通りの内容で、本施策の発表まではひょっとするとサプライズがあるかもしれないと、じわじわと円高が是正されていたにもかかわらず、発表後には再度円高傾向に戻ってしまうという皮肉な結果になり、日銀の対応が後手に回ったという印象を強く残してしまいました。

一方の政府について言えば、わが国の経済がさらなる下振れリスクに直面している中、14日に民主党の代表選を行うということで1日に選挙戦に突入しました。金融政策のみでは現状のデフレ脱却は困難であり、政府の経済政策との連動が必要であるにもかかわらず、代表選まではまったく政府の動きが止まってしまうことに大きな懸念を抱いています。

みんなの党では政治の空白期間を生じさせないようにすべく、参議院のみならず衆議院でも予算委員会をはじめ各委員会で閉会中審査を求めています。

9日の財政金融委員会には財務大臣、金融担当大臣、日銀総裁も出席し、私はみんなの党を代表して、自身初めての質問を行う予定です。2時間25分の時間の中で委員数に応じて質問時間が割り振られ、委員が1名のみんなの党には10分のみの割り振りということになります。やはり政治には数も必要であるという事実をあらためて思い知らされます。

代表選の結果次第では内閣がどうなるかわからないというバタバタの状況下で行われる委員会ですので、どこまで政府が真摯な対応をするのかが不明ですが、与えられた10分という時間を最大限に活用すべく、現在どういう質問をするかをじっくりと考えているところです。委員会の結果はまたあらためてご報告させて頂きます。

民主党の代表選について一言だけ。まったく国民目線、国民感情と乖離している民主党内の論理にはあきれるばかりです。記者会見では、どちらの候補も昨年8月の政権交代以降の政権運営にかかわる混乱、無策に対する反省の言葉もなく、むしろお互いに責任をなすりつけている感もあります。こんな感じではどちらが党首・総理大臣をやっても先が見えています。とにかく「無責任な思い付きの耳障り良いだけの政策」に振り回されるのだけはご免だということを申し上げておきたいと思います。

 

富士総合火力演習視察

2010年08月29日 (日)

防衛省のご招待で、自衛隊の富士総合火力演習を視察してきました。

実弾を使った演習では国内最大規模の演習だそうで、約4万人もの方が演習を見に来られていました。

対戦車誘導弾は攻撃目標の戦車の横ではなく、途中で一度軌道をあげて、その後鉄板の薄い上部に上から落とすそうです。戦闘ヘリコプターが急上昇急下降する能力にも驚きました。より高い精度が求められる兵器において最新の技術を採り入れることの必要性・重要性をあらためて認識できました。

活動報告

2010年08月23日 (月)

国政報告を兼ねて、お盆明けの18日から駅での辻立ちを再開しました。スケジュールの許す限り、次回国会が始まるまでの間、神奈川県内の各駅をお邪魔する予定です。最近はやや涼しくなったなと感じる朝もありますが、それでもまだまだ暑い日々が続きそうですので、皆様も熱中症に充分にお気を付けください。

最近は時間を見つけては、市場関係者や様々な産業界の方々とお会いして最近の金融市場の現状についての話しを伺っています。デフレを一刻も早く脱却し成長戦略を実施していくためには、マーケットと向き合っている方々と直接話をするのは極めて貴重かつ有意義なことです。昨今の為替水準に関する意見交換もしており、詳しくは「中西の目ヂカラ」で書かせて頂いておりますが、いずれにせよ、ただ指を咥えて見ているだけでは何も始まりません。民主党の代表選が終わるまで政治が停滞することだけはあってはなりません。みんなの党は財政金融委員会の国会閉会中審議を行うよう、与党および他野党に呼びかけています。

臨時国会閉会

2010年08月11日 (水)

 

選挙後の臨時国会が先週金曜日に閉会しました。 本会議も私の所属する委員会も、議長選出や各委員会理事の選出等、形式的な議事だけをこなした感じで、円の独歩高が進み、景気の二番底の懸念が増しているこの国の現状を考えた場合、やはり夏休みを返上してでも実りのある議論を、スピード感を持ってやるべきであり、本当に残念、とあらためて感じたところです。

今国会では、みんなの党として初めての単独法案である「歳費カット・歳費日割り法案」を提出しましたが、当該法案は次回臨時国会での継続審議案件として取り扱われることとなり、今国会では、とりあえずは自主返納が公選法に定める寄付禁止事項に抵触しないようにする旨の法案を全会一致で可決することに留まりました。他党の提出法案は単に日割りに制度変更をするだけの案ですので、次回国会で歳費カットを含めて議論していきます。本件については、「中西の目ヂカラ」でもう少し詳しく書かせて頂きます。

所属する委員会の運営に関わる事務局からの説明、挨拶等であっという間の1週間でしたが、スケジュールの合間を縫って、参議院の予算委員会もできる限り傍聴してきました。 みんなの党はまだまだ所属議員が少なく、私の所属する財政金融委員会はみんなの党では私だけが委員ですので、毎回私が常に質問を行うことができるということになります。目の前で行われる質疑を直接見ることは、今後、所属委員会で実際に質問をしていく際の参考になり、大変有意義でした。

次回臨時国会に向けた準備も始めております。今後提案していきたいと考えていることに関する各種資料や過去の事例等について、参議院内の調査室や各省庁の国会事務所等の方々にお越し頂き、必要な説明を数多く受けました。次国会までにしっかりとまとめていきたいと思います。

初登院

2010年08月04日 (水)

 

いよいよ国会議員としての活動が始まりました。

新築された参議院議員会館に7月28日に入りましたが、11階の部屋からは国会議事堂を間近に見ることができ、あらためて身の引き締まる思いを強くしました。事務室は従来の約2.5倍ほどの広さがあり、新築で綺麗なこともあってやや贅沢だなとは思いますが、広くなった分、これまでなかった打ち合わせのための会議室もあり、政策立案のための喧喧諤諤の議論を行うこともでき、この部屋の広さに負けないだけの仕事をしなければと思っています。関内の横浜事務所も地元活動の拠点として引き続き開所しております。 お近くにお越しの際には是非お立ち寄りください。

30日には臨時国会が召集され、初登院致しました。みんなの党は9時に正門前に集合し、そこから渡辺代表を先頭に一緒に登院しましたが、正門から議事堂入口までを歩く間、周りを取り囲むマスコミ陣の多さに、国民の皆様のみんなの党への期待の大きさを実感として再認識したところです。議場は思っていたよりも小さいなと言うのが正直な感想でしたが、議事堂の醸し出す厳粛な雰囲気は想像以上でした。 我が国のおかれている状況を考えれば、本来は夏休みを返上してまでも国会審議を行うべきでありますが、6日間のみの開会となってしまったのは大変残念です。

天皇陛下を議事堂前広場でお出迎えした後、開会式が行われましたが、開会式終了後の16時に、みんなの党としては初めての単独提出法案となる「歳費カット法案、日割法案」を提出しました。歳費の日割による支払い方法への変更については議論の余地がありませんが、みんなの党はそれだけではなく「国会議員歳費の3割カット、ボーナスの5割カット」も盛り込んだ法案を提出し、他野党の提出した案よりも数段も徹底したコスト削減に取り組む姿勢を示した案となっています。短い国会会期では与野党の合意が困難であれば、日割りについては、私を始め、今般の選挙で当選した議員が自主返納をするという形でまずは実質的なスタートし、秋の臨時国会でしっかりと歳費そのもののカットも含めて本格的な議論をして法案を成立させていきたいと思います。 本来は今回の参議院選挙におけるマニフェストに「国会議員の歳費を日割りにする」ことを明記してある政権与党・民主党が、前国会閉会までの間に主体的に準備し取り組んでこなければならなかったにもかかわらず、放り出していた案件であり、まさに今回みんなの党の参議院議員が11名の議席を確保させて頂いたことで、スピード感をもった政策決定に向けた大きな第一歩を踏み出すことができました。

さて、私は今回、財政金融委員会委員および国家基本政策委員会理事を拝命しました。 財政金融委員会は徹底した経済成長戦略の策定・実施の要の委員会であり、これまでの経験を即戦力として活かし、党のアジェンダにもある日銀法改正法案提出等に向けてスピード感をもって業務にあたっていきます。今回参議院で10名以上の議席を得たことにより、みんなの党も党首討論の資格を得ました。党首討論は衆参国家基本政策合同審査会で行われますので、そのための準備にも忙しくなりそうです。

 

メディアリンクはこちら »

カテゴリ

地元活動はこちら
このページのトップへ