中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

2013年10月15日 (火)

米国財政危機とイエレン氏の議長指名

米国の財政、金融政策が通常とは違う形で注目を集めています。財政に関しては予算未成立による政府部門一時閉鎖とそれを解決するための財政協議、そして米国債のデフォルト危惧です。一方の金融政策においてはイエレン氏のFRB議長指名が注目を集めています。

 

まず財政協議に関してですが、私は米国債のデフォルトそのものを危惧する必要は高くないと思っています。政府にはデフォルトを回避する手段がいくらでもあるからです。しかし、そのような技術的な逃げ道で財政危機を回避しようとすれば、財政危機が金融危機、通貨危機という別の危機に形を変えて経済を襲うことになります。米国経済への信頼失墜によるドル安、激しいインフレ、金利急騰などが考えられるでしょう。また、そもそもの発端が政府(ホワイトハウス)と議会の「ねじれ」ですから、それが解決するまでは一事が万事、米国政府の行動はちぐはぐで予測困難なものになると考えられます。仮に最終的に調整が行われて問題が解決したとしても、今回の予算問題は米国政府・議会の問題解決能力の低下、あるいは当事者意識の低下を世界中に印象づけるものとなりました。この影響は小さくないと考えます。

 

そして、オバマ大統領によるイエレン氏のFRB次期議長としての指名です。この後、上院による承認手続きが必要ですが、上院は恐らく問題無く承認するだろうというのが一般的な予想でしょう。一時はサマーズ氏が優勢とも伝えられていましたが、イエレン氏が指名されるようになった、その経緯を考えるとFRBの中央銀行としての使命、役割が、いわゆる金融政策の枠組では考えられないものに変容してきている、あるいは回帰してきているという印象を受けます。

 

ハト派であり、失業問題を重視し、雇用創出を現時点での最大課題と考えると言われるイエレン氏がどのような政策スタンスを取るのか、議長としてFOMCをどのようにリードしていくのかは、勿論非常に重要です。とりわけ、バーナンキ議長がQEの終了を示唆しつつも躊躇して先に進まないことによって市場が混乱し始めている中、さらにハト派のイエレン氏が議長に就任することは出口戦略の更なる遅延も予想させ、FRBの政策整合性に関する信任低下に繋がる可能性もあります。

 

しかし今回の指名決定プロセスでは、金融機関監督という、金融政策とは違うFRBのもう一つの使命が大きくクローズアップされたのではないでしょうか。この問題に関して、議会が金融機関への更なる規制強化を求める一方、ホワイトハウスは金融産業の競争力低下を恐れて現実的な路線を模索しています。サマーズ氏は金融業界との関連が深く、これまでも金融自由化を推し進める立場を取ってきました。長年にわたりオバマ大統領の金融問題に関するアドバイザーも勤めていますので、大統領にとっては理想のFRB議長だったのかもしれません。しかし、この様な金融監督行政に関する方針が議会と真っ向から対立することとなり、次善の候補の様な形でイエレン氏が選ばれることになってしまいました。イエレン氏は立派な経済学者、セントラル・バンカーであり、FRB議長としての職責を十分に果たす資質を持った方だと思いますが、選出過程があまりポジティブなものでは無かった印象を受けます。

 

翻って日本を考えてみると、まず「ねじれ」に関しては自民党による一党支配の強化が進み、「ねじれ」は解消してきています。その意味で米国のように必要な政策が決められないという事態は起こりにくくなっていますし、改革を進める条件は整ってきています。我々としては、強力な推進力が暴走に繋がらないように、これからの日本経済の方向性を決めるにあたって十分な議論がされるように、しっかりと見張り、牽制を加えていかなければと考えています。

 

日銀も昨今は金融機関の監督にも再度力を注ぐようになってきていると聞いています。この話は総裁・副総裁人事の際には話題にもなりませんでした。日本では金融緩和の有効性、方法論、そういったものが政府、国会と日銀の間の最重要課題になっています。どうしても金融監督というと金融庁の専管事項というイメージが強く、日銀は話題にもなりません。しかし15年前の金融危機の時を思い出しても、最終的に金融システム安定性確保のためには日銀が何らかのアクションを取ることになり、それを未然に回避するために日銀がシステム安定化のための金融機関監督を行うというのは非常に重要なことです。金融庁が預金者、投資家、保険契約者といった金融システム使用者の保護を重視するとすれば、日銀は金融システム全体の安定性を守る役目を担っています。今後の国会質疑の中では、その点にも注目しながら日銀との対話を続けていきたいと考えています。

 

 

2013年10月11日 (金)

講演 横須賀交流プラザ

横須賀交流プラザ様よりお招きいただき、講演の機会をいただきました。
本会は日頃大変お世話になっている支援者の方が代表幹事をされております
横須賀市内の企業の方々の交流会です。

わたくし中西けんじからは、現政府の問題点
すなわちTPPにおける一連の交渉過程、
消費税増税に伴う5兆円の経済対策および安倍内閣の成長戦略、
東電の汚染水処理問題、
公務員制度改革、
集団的自衛権の行使における憲法解釈
等についてお話しさせていただきました。

やはり皆さま、政治経済の関心が大変高く、双方向の意見の場となり、
貴重な時間を過ごすことができました。

2013年10月11日 (金)

駅頭 鶴見駅西口

今朝は加藤正法県議会議員とともに、鶴見駅西口にお邪魔しました。

本日も消費税と社会保障のお話が中心です。
来週から臨時国会が始まりますが
みんなの党は諦めずに、引き続き増税凍結に取り組んでまいります。

さて、その臨時国会におきまして
わたくし中西けんじは、参議院の代表として
本会議で質問に立たせていただきます。

10月18日(金)、NHKで中継されますので
お時間ある方はご覧いただけたら幸いです。

2013年10月08日 (火)

駅頭 緑園都市駅

本日は相鉄線の緑園都市駅をお借りし、朝のご挨拶をさせていただきました。
朝から汗ばむ陽気となりましたが、多くの方に国政レポートを受け取っていただきました。

来週から始まる臨時国会において
消費税増税、TPPにおける聖域の完全撤廃の検討など
今後の生活に影響する争点が多くありますので、皆さま関心をお寄せとお見受けしました。

 

 

2013年10月03日 (木)

駅頭 磯子駅

本日は磯子駅をお借りし、国政レポートの配布を行いました。

安倍首相が消費税増税を発表してから初めての駅立ちです。

発表から2日経ち、消費税増税に関してはテレビや新聞などでさかんに取り上げられているせいか、

年齢層幅広く、多くの方に受け取っていただきました。

きちんと筋道を立てて、増税凍結を主張しているのはみんなの党だけでありましょうから、

皆さまのご期待の表れと受け止めさせていただきます。

 

2013年10月02日 (水)

10月2日 松沢成文参議院議員 出版記念パーティー

松沢成文参議院議員が著書
『JT、財務省、たばこ利権 ―日本最後の巨大利権の闇』を
出版されるにあたり、記念パーティーに出席いたしました。
その後の懇親会では渡辺よしみ代表、浅尾慶一郎幹事長も出席されました。

懇親会に先立つ講演会および著書の中で、松沢議員は
日本特有のたばこをめぐる強固な利権構造について述べられております。
その利権とは国内唯一のだばこ事業会社、日本たばこ産業株式会社(JT)の
筆頭株主が財務省であり、その実、約3分の1を保有していること、
たばこの生産から流通、販売まで財務相が管理下に置いていること、
JTのトップの座が歴代財務省OBが占めてきていることなどをあげております。

みんなの党は常々、国の借金は膨大だが同時に資産も保有している、
その中の金融資産を売却すべしと訴えて参りました。
その資産の中身の一つがJT株なのです。

本来ならば消費税を上げる前にこれらの資産を売却するべきなのに、
財務省がなぜそれをやらないのか、本書を読むとよくわかります。

しがらみのないみんなの党には、たばこ族議員や
JT労組から選挙支援を受けている議員はおりませんから、
このような当たり前のことを世に訴えることができるのです。

 

2013年10月01日 (火)

消費税増税反対街頭演説リレー@有楽町駅交通会館前

みんなの党の党三役、渡辺よしみ代表、浅尾慶一郎幹事長、水野賢一政調会長はじめ総勢15名の国会議員がが有楽町に 集結し、本日安倍総理から発表される消費税増税に反対するべく、リレー街頭演説を行いました。

今回の増税はせっかく回復の兆しが見えてきた経済に冷や水を浴びせることになる、
景気動向の判断には最低2年はかけるべきであり時期尚早である、
しかもその増税したお金が本来の目的である社会保障とは別の目的に使われることになる、
増税の前にまず歳入庁の設置による保険料の徴収漏れをなくし、
官民格差を是正することを行うべきであることをお話しさせていただきました。

また、栃木から渡辺美知太郎参議院議員、
宮城からは和田政宗参議院議員が駆け付け、
地方の経営者の声や復興道半ばの被災地の状況を訴えを聞き、
今回の増税は日本経済のためにはならないとの思いを強くしました。
最後までみんなの党の議員としてやるべきことを進めていきます。

2013年10月01日 (火)

駅頭 東神奈川駅

東神奈川駅にて平野和之横浜市議と朝立ちを行いました。

本日は安倍首相が消費税増税を発表する日です。
道行く方々には増税をしょうがないことと思ってほしくなく、
やるべきことがまだまだあることをお話しさせていただきました。

また本日は午後よりみんなの党の国会議員が有楽町に集まり、
消費税増税反対のリレー街頭演説を行います。
最終決定にまだ時間が残されている限り、
みんなの党は増税凍結を訴えて参ります。

お知らせ

バックナンバー

このページのトップへ