中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

2012年02月29日 (水)

AIJ問題について

多くの企業年金基金などから資金運用を受託していたAIJ投資顧問の運用状況に関する問題が発覚し、金融庁(正確には関東財務局)が業務停止の行政処分を発表した上で証券取引等監視委員会による検査が始まっています。この事案についてはまだまだ不明な事ばかりで、全貌が明らかになるまでには長くかかると予想されます。現状では情報も限られ、また論点が多岐にわたる問題ですが、現時点での私の考えを簡単に纏めてお伝えしようと思います。

 

 まず、企業年金の資金が実際に投資顧問会社によって運用されるまでには、実に多くのプロセスを経ており、多くの主体が関与しているということを最初に認識する必要があります。企業年金、あるいは基金は、従業員に対する将来の年金支払いを約束しており、その為に資金の運用を行います。どのような運用をするかの一義的な責任は、資金運用者である企業年金、基金に属します。そして、一部の資金は直接債券や株式の購入などに回され(直接投資)、残りの資金は外部の運用受託者(投資顧問)へと運用委託されます。その際に、勿論最終決断は企業年金、基金の担当者が行いますが、証券会社や年金アドバイザーによる提案などが行われます。

 

 企業年金、基金の運用担当者がある投資顧問への運用委託を行おうと考え、それを組織決定した場合、資金は信託銀行へと送られ、投資顧問会社からの指図の下でこの資金が運用される事になります。運用成績に関しては勿論投資顧問会社から運用委託者である企業年金、基金へと報告されますが、資金や証券を実際に管理している信託銀行からも、預かり資産の報告が運用委託者へと報告されます。さらに、定期的に監査法人による監査も行われ、これらの報告の正確さがチェックされる仕組みになっています。

 

さて、これらを踏まえた上で考えると、二つの大きな論点が浮かび上がってきます。まず、この企業年金資金の外部委託運用の流れの中で、どこがおかしくなったのかの問題を考える必要があります。必要な牽制機能が働いていたかという問題です。勿論、倫理観無く法令違反を行った疑いをかけられている投資顧問会社は言語道断です。しかし、経済思想的、そして国際競争的観点に基づき、投資顧問業の許認可制から登録制への変更を行ったとき、つまり箸の上げ下ろしに関するまでの細かな規制を行うのではなく、ルールを定めて定期的に検査を行い、問題を起こした運用業者に対して厳しい処罰を加えるという制度に移行したとき、我々はある程度の確率で問題が発生する事は想定していたはずです。それらに対して、市場原理に基づいて何らかのチェック機能が働き、牽制が行われ、全体としてはうまく機能する事が想定されてきました。今回、そのチェック機能が働いていなかったことが明らかになりましたから、どこがおかしくなったのか、入念に精査する必要があります。言い方を変えると、これは単純に投資顧問業に対する規制を厳しくする事で解決する問題ではないということです。登録制から許認可制へ戻すべきという意見も呈されていますが、問題の投資顧問会社は、登録制に移行する前に投資一任業務の認可を受けていた、という事実を踏まえれば、入り口における規制はどれだけ効果的なのかということには疑問があります。それよりもむしろ関与した証券会社、アドバイザー、信託銀行、監査法人がそれぞれの責任を果たしていたのか。もし果たしていたとするなら今後牽制機能が働くためにはどの主体の役回りを変えていくべきなのかを考えるべきだと思います。また自らの自由意志で投資の決断をした企業年金、基金のガバナンスや運用体制も見直さなければなりません。金融商品取引法上のプロ・アマの分類という形式的な問題に帰着させるのではなく、旧社会保険庁からの天下りや母体企業の総務畑出身の理事に果たして運用の決断ができるのかという本質的な問いかけをしなければなりません。

 

もう一つの大きな問題は、そもそもの厚生労働省の年金に対する関り方です。年金は雇用関係や社会保障の重要な部分を占めますので、これまでは厚生労働省が管轄してきました。年金の給付に関しては、そのあり方で間違いはありません。しかし、厚生労働省は資産運用をはじめとする金融業に対しては専門的な知見を持ち合わせていません。その端的な例が、厚労省からGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)に示されている4.1%や、多くの企業年金が用いている5.5%という高い予定利率(保証利回り)です。

 

金融の世界では、高いリスクを伴わずに高いリターンを得られないことは常識です。年金資金は支払いも常に行っていますし、ある程度の低リスクで流動性の高い資産を持つことが必要ですから、国債などを多く保有します。これは正しい選択です。仮に平均利回り1%の債券と高リスク資産を半々で保有して、平均利回りを5.5%にしようと思えば、単純に計算すると10%程度のリターンを生む資産を持つ必要があります。しかも、瞬間的にではなく、これから何十年にもわたって10%のリターンです。大きなリスクをとって平均的な予想利回りを10%にする事はできますが、その代わり元本が消えてしまうほどのリスクをとる事が必要になります。

 

私はこれまで財政金融委員会でも質してきましたし(こちら)、この目ヂカラ(こちら)にも書いてきましたが、年金資金が高いリスクを取りながら高いリターンを追い求めるのは根本的に間違っていると思います。年金は将来の支給という負債を抱えており、それに見合った安全資産を保有すべきものです。何故それが、様々な高リスク資産への投資を行うのかといえば、それは4.1%や5.5%という高い予定利率を設定しているからなのです。高い予定利率は、企業会計上は非常にありがたいものです。なぜならば、将来の給付予定額をこの高い利率で割り引く事によって現在価値を小さくし、今現在年金資金として保有しなければいけない額を小さく見せる事ができるからです。例えば30年後に1億円を支払わなければならないとき、これを1%で割り引くと現在価値は約7,400万円ですが、5.5%で割り引くと約2,000万円になります。もし予定支払いがおよそ30年後の1億円に当たる企業が、現在5.5%の予定利率を用いておりその利率を1%に引き下げるならば、約5,400万円の追加積み立てが必要になるのです。それほどに大きな違いが出てくるのです。被雇用者を保護するため、予定利率の引き下げ後でも十分な積立があることが示されなければ、予定利率の引き下げは法律上認められません。年金に十分な積み立てがあるなら別ですが、通常は企業本体が追加で巨額の拠出をしなければなりません。財務状況の芳しくない企業や年金基金が予定利率の引き下げができず、高リスク商品に手を出しやすいという、いわば窮鼠猫を噛む状況となってしまっているのです。

 

本来厚生労働省はこれを戒め、より低リスクで実現できる低い予定利率を採用させるべきです。厚生労働省の金融に関する無知と無作為が、今回のAIJ問題の根源にあると私は考えています。できないものをやれと言う。あるいはできない事を知らずにやろうとする年金に、それで良いよと言う。それによって企業年金や基金は高い予定利率に縛られ、本来投資すべきでない資産へと資金を振り向けるようになってしまったのです。今回の問題を受けて、厚生労働省は厚生年金基金の運用ガイドラインの見直しを行うことを発表していますが、ガイドラインの問題に矮小化させ、問題の根っこにある予定利率を放置してしまっては到底本質的な解決にはなりえません。

 

 税と社会保障の一体改革で公的年金の問題は脚光を浴びていますが、実は企業年金にもこのような大きな問題が存在しているのです。私は国会審議などを通じて、引き続き厚生労働省の年金への関与の仕方について問題点を質すとともに、提言を行っていこうと考えています。

2012年02月29日 (水)

駅頭 海老名駅

 

 

 

 

雪の海老名駅で、中込淳之介海老名市議をはじめ県央の議員団

(小林だいすけ県議、泉修厚木市議、熊坂たかのり愛川町議)とともに街頭演説を行いました。

ヒートテックを着こみ、マイクを持つ手にはホカロンを忍ばせましたが、やはり終わる頃には、手先も足の指先も凍えてしまいました。

 

今朝はAIJ投資顧問事件の本質である厚労省の年金行政の問題、厚労省と金融庁の縦割り行政の弊害や、

国税庁と日本年金機構を統合して歳入庁を早く設置すべきであること、などを中心に訴えました。

さすがに皆さん足早でどれだけ耳に届いたかはわかりませんが、

こんな天候でもポケットから手を出してチラシを受け取ってくださった方々にはただただ感謝です。

 

それにしても今日の雪は本降りですね。

通勤、通学の朝のダイヤが乱れて困ったかたも多かったのではないでしょうか。

お帰りの足元には是非お気をつけください。

 

実は海老名駅では2年前にも大雪の中で街頭演説をしたことがありました。

その時の写真も掲載しましたが、あの朝の寒さや、夜がいつまでも明けきってくれないような光景が、

いまも鮮明に記憶に残っています。

〈2010年2月18日海老名駅頭にて〉

 

 

 

 

2012年02月27日 (月)

駅頭 藤沢駅北口

今朝は風が強かったですね。海に近い藤沢ではより強く北風が吹いていました。

強風にめげずに塩坂源一郎県議、友田そうや藤沢市議とともに演説とビラ配りにいそしみました。

最近よく報告していることですが、ビラの受け取りや声をかけてくれる人の数が増えています。

今朝の藤沢駅でも同様でした。期待を感じます。しっかり頑張っていきたいと思います。

 

                    (塩坂源一郎神奈川県議会議員)              (友田そうや藤沢市議会議員)

2012年02月25日 (土)

国政報告会

 

関内のホールを借りて国政報告会を行いました。報告会はおよそ3ヶ月に一度開催しています。

毎回多くのかたにご参加いただき大変有り難く思っています。

 

今回は私の国政報告の前に、県政報告をみんなの党神奈川県議団にお願いしたところ、

県議の方々が勢ぞろいし、その中で県議団を代表して宗像富次郎県議がパワーポイントを使って、

みんなの党が県政においてどのような活動をしているかの説明をしてくれました。

みんなの党県議団は総勢16名、100余名の県会の議席の中では自民、民主に次ぐ第3会派です。

県知事は自民・民主の相乗りでしたから、みんなの党は野党としての存在感を発揮しています。

 

国政報告では最近の2回の参院予算委員会での私の質問の内容を紹介し、消費税増税の前にやるべきこと、

民主党政権の司令塔不在の問題、自国のエネルギー政策を決めずに海外へ原発輸出を行うことの不合理性、

選挙制度改革などについて詳しくお話しました。

普段の街頭演説では細かい議論はなかなかできませんので、こうした会合では出来る限り、

思っていることを噛み砕いて丁寧にわかりやすく、と心がけています。

皆さんに少しでも多く伝わってくれれば幸いです。

 

報告会のあとは同じ会場で懇親会も行いました。参加してくださった多くの方に激励をいただきました。

かえすがえすも有難うございました。次回は川崎で5月に行うつもりです。

  

  

  

  

 

2012年02月24日 (金)

現在配布中のチラシ「消費税増税の前にやるべきことがある!!!」

街頭活動ではこのような形で機関紙を配布しています。(画像をクリックするとPDFファイルが見られます)

今国会の最大のテーマは言うまでもなく消費税増税問題です。
みんなの党は「増税の前にやるべきことがある」とずっと主張しています。

 

【社会保障の全体像を示せ!】

政府・民主党は「社会保障と税の一体改革」といいながら、社会保障改革は来年以降に先送りし、消費税増税法案だけ今国会に提出しようとしています。本来であれば、まず社会保障の全体像を示し、それにかかる費用を計算して、足らない部分については申し訳ないけれども国民の皆様に増税をお願いするというのが、物事の順序なのではないでしょうか。

社会保障の全体像は示さずに消費税増税だけ行おうとするのは、例えていえば、皆さんがレストランに行ってメニューも見せてもらえないのに代金だけ請求されるのと同じことです。年金・医療・介護・子育てについての給付と負担の全体像を早急に示すべきなのです。

 

【バラマキの見直しを!】

今回の消費税率5%引き上げによって政府は約13 兆円の税収増を想定していますが、これは実はリーマン・ショック後、特に民主党政権のバラマキによって生じた歳出増加の穴埋めをすることにほかなりません。リーマン・ショック前の平成19 年度の一般会計歳出が約82 兆円だったのに対し、今年度は約95 兆円、来年度予算も年金交付国債という隠れ借金を含めると実質的には95 兆円規模となっています。3 〜4 年前と比して約13 兆円も歳出が拡大しています。この間社会保障費はたしかに増加していますが、自然増は毎年約1 兆円のペースですから、やはり、歳出拡大の主因はバラマキであるといわざるをえません。まずは膨らんでしまった歳出の削減を行わなければなりません。

 

【身を切る改革をしなければならない!】

野田総理は「政治家自らが身を切る改革を消費税増税と一体として行う」、「そのためにリーダーシップを発揮する」と口では言っていますが、国会議員定数の大幅削減は進んでいるのでしょうか。みんなの党は衆議院の定数を現行の480 から300 に減らすことを主張していますが、いまの各党協議では、民主党と自民党は「0 増・5 減」という小手先だけの微修正に終わらせようとしているのがありありと伺えます。それでは国会議員の歳費カットはどうかというと、みんなの党が国会に提出した歳費カット法案は、民主党・自民党ともに審議をしようとせず、店ざらしにされてしまっています。野田総理の「リーダーシップ」はどこに行ってしまったのでしょうか。覚悟が見えてきません。議員定数削減、議員報酬カットはやろうと思えばすぐできることです。国家公務員人件費削減も法案は国会に提出されているのですから、いつまでも議論していないでさっさと実現すべきです。

 

【増税よりも成長を!】

そしてなんといっても最も重要なのが経済成長です。リーマン・ショック後、歳出規模は拡大しましたが、経済規模は大きく縮小してしまっています。生活実感により近いといわれる名目GDP でみると、平成19年度が515.8 兆円だったのに対し、昨年度(平成22 年度)が475.8 兆円です。わずか3 年で、金額にしてちょうど40 兆円、率にして8%も経済が縮小してしまいました。今後復興需要のために1%か2%成長しても「経済の好転」という条件を満たしていないのは明らかではないでしょうか。こんな時に消費税増税を実施して日本経済に打撃を与えてしまい税収が下がってしまったら元も子もありません。私が以前から民主党政権の弱点として指摘しているのは、マクロ経済の司令塔が見当たらないということです。自由貿易協定、税制改正、規制緩和、エネルギー政策など、それぞれの施策の整合性をとりながら、経済を活性化させデフレからの脱却を図らなければなりません。政府の中にきっちりとした経済政策の司令塔を置き、日銀にさらに大胆な金融緩和を促しながら、経済成長を最優先課題として政策を総動員していくべきです。

改革なき増税こそがギリシャへの道です。

増税の先にまた増税ということになりかねません。

増税の前にやるべきことがたくさんあります。

 

 

 

 

2012年02月23日 (木)

駅頭 東神奈川駅

終日雨模様の一日。

 

今朝は東神奈川駅にて平野和之市議とともに駅立ちをしました。

 

私にとっては久しぶりの東神奈川駅でしたが、冬の雨の日にもかかわらず、

ビラの受け取りも話しかけてくれる人の数も格段に良くなっており、正直かなり驚きました。

 

昨年の統一地方選挙からおよそ一年になりますが、その間に平野市議は精力的に街頭活動を続けており、

そうした日々の活動が反応の良さとなって返ってきているのだろうと思います。

 

風邪気味だった事務所のスタッフも反応の良さに元気づけられたようでした。

私もテンションが上がって、東神奈川から永田町に向かいました。

2012年02月21日 (火)

駅頭 保土ケ谷駅

 

 

保土ヶ谷駅西口で芳賀洋治県議、磯部圭太市議、大岩まさかず市議と駅立ちを行いました。

今朝は気温が高かったので気持ちよくマイクを握り、ビラ配りをしました。

 

週末から新しいビラを配布していますが、今国会の最大の争点である消費税増税につき、

増税の前にやるべきことが沢山あることを訴えています。保土ヶ谷駅では多くのかたに受け取っていただきました。

 

芳賀洋治県議は土曜日に結婚披露宴を迎えたばかりですから、結婚後初の駅立ちだったようです。

 

気温が上がってきたので、夜は皇居の廻りを走ろうと考えて、シューズやウエアも持参したのですが、

バッグを2つ抱えていて、保土ヶ谷駅に向かう途中でスマートフォンをうっかり落としてしまい、

あえなく壊れてしまいました。

走るどころではなく、夕方は電話の機種交換やデータの入れ替えをするはめに。残念。 

2012年02月18日 (土)

駅頭 センター北駅

 

 

  

今日は午前中議員会館で一仕事してからセンター北駅で田中朝子衆院支部長と街頭演説を行いました。

 

晴れてはいても朝から風が強かったので心配していましたが、案の定、時折り突風が吹きすさび、

ノボリが倒れてしまうような状況下での街頭演説でした。

そんな中でも、わざわざ足を運んでくださったかた、ボランティアとして手伝って下さったかたがた、

本当に有難うございました。私も気合を入れて、気持をこめてお話をさせていただきました。

 

夕方は芳賀洋治県議の結婚披露パーティーです。みんなの党の議員は平均年齢が低いので、

これからよき日を迎える人が沢山います 

2012年02月16日 (木)

駅頭 戸塚駅西口

 

戸塚駅西口通路で久坂誠治県議、足立秀樹市議とともに駅立ちをしました。

 

予定では東口でやるつもりでしたが、風が強かったので吹きっさらしの東口での駅頭は後日に回すことにしました。

 

今朝も、今年に入ってから朝晩の日課としている腕立て伏せをしてから、家を出ました。

 

西口通路では多くの方に「頑張れ!」と激励され元気を頂きました。

 

最近の世論調査で野田内閣の支持率が急速に低下しているのは、増税をしようとするのであれば

その前にしなければならないことを実行していないことへの国民の声が表れているのではないか、

という話をしました。

 

引き続き「増税の前にやるべきことがある」を国会内外で主張してまいります。

2012年02月14日 (火)

駅頭 平塚駅

  

朝4時過ぎに起床して平塚駅北口で駅立ちをしました。

 

先週は平日は参議院予算委員会、週末は青森県三沢市で行われたグロービス大学院の主催する

カンファレンス(G1サミット)に参加したので、駅頭活動の時間をとることができませんでした。

今週からしばらくは衆議院で予算の審議が行われます。その間は駅頭活動をできる限りやろうと思います。

 

今朝の平塚駅北口は北風がかなり強く吹いており、ノボリが風で倒れるのではないかと時折心配しながら、

マイクを握っていました。

 

先週金曜日に民主党の最低保障年金の曖昧な費用試算が公表されましたが、

今朝の演説ではその費用試算は年金制度の全体像を示すということからは程遠いものであること、

税と社会保障の一体改革というのであれば当然社会保障改革の全体像を示すことが先決であること、

などをお話ししました。

お知らせ

バックナンバー

このページのトップへ