中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

2011年07月29日 (金)

駅頭 川崎駅西口ラゾーナ前

今週は委員会や本会議の準備に時間を割き、予定していた駅頭を一度延期してしまったこともあり、

今日の午後は参議院本会議終了後、急遽川崎駅西口で街頭活動をすることにしました。

本会議の代表質問では今日から参議院で審議が始まった原子力賠償支援機構法案につき

反対の立場から質問しましたが、街頭演説でも法案の問題点、電力政策の在り方に力点を置いてお話ししました。

特に選挙を意識する時期でもないのにビラの受取りは非常に良く、ボランティアの方から「楽しかった!」

という声が出ました。1時間以上も足を止めて聞き入ってくださった方もいらっしゃいました。

いつもラゾーナ前では元気づけられます。

こちらは衆院選挙区では神奈川10区ですので、衆院支部長に内定している久米英一郎さんが

今後活動していくところとなります。今日も一緒に汗をかきました。

2011年07月29日 (金)

7/29 参議院本会議報告

本日行われた参議院本会議において「原子力損害賠償支援機構法案」についての趣旨説明が海江田大臣よりあり、それに基づく質疑が行われ、みんなの党を代表して私が質問に立ちました。

本法案は自公民の合意に基づいてもともとの政府案を修正して提出されたものでありますが、修正後も、実質的に債務超過となっている、もしくはなる可能性が高い東京電力を「ゾンビ」のようにただ損害賠償だけのために生かし続け救済するという内容になっていて、株主や債権者の責任を問うことなく国民の税金を投入することを可能とする等、問題の多い法案です。東京電力が今後賠償を行うだけの日本一暗い会社になり、電力の安定供給に支障を来すことにならないよう、みんなの党を代表して反対の立場から総理大臣、海江田経済産業・原子力経済被害担当大臣を厳しく追及すべく質問を行いました。
現政権もひどいのですが、こと電力会社の話しになると、これまで党の広報誌などで東電からズブズブの資金援助を受けてきた自民党もしがらみだらけで全くまともな議論ができないようです。2年前の衆議院選挙で国民からNoを突きつけられた、典型的な政官財の癒着構造は今も変わらないようです。

本日の私の大枠での質疑を踏まえて、来週の震災復興特別委員会で松田公太議員、小熊慎司議員が引き続き厳しく本法案の問題点を追及していくこととなっており、本日は委員会での一問一答型の議論で政府の矛盾点を追及することができるよう、論理矛盾を冷静にあぶりだすための質問を行いました。

まず、本会議での質疑は、委員会での質疑と違い、質問をまとめて行った後に、大臣が答弁をまとめて行うという方式であるために、答弁を聞いた後に「答えていない!」ということを申し上げる機会がありません。従って答弁がこちらの何点かの質問を一つにまとめて漠然と答える傾向にあるので、私から、自分の質問に番号を振るので、それにひとつづつ答えて頂くようお願いをしました。少なくとも私が議員になってこの1年間、こうしたことを提案したのは私が初めてであろうと思っています。

菅総理および海江田大臣は、私のお願いした通り、しっかりと質問の番号を明示しながらお答えをして頂きました。これは今後の国会運営上、曖昧な答弁や答弁漏れを防ぐために大きな前進であり、ひょっとしたらこういうやり方が国会本会議では定着していくかもしれませんね。この点については菅総理および海江田大臣に率直にお礼を申し上げたいと思います。

一方、質問に対する答弁は相変わらずひどいものでした。番号はしっかり言ってくれましたが、答えの内容は質問をはぐらかしての答えに終始していた感があります。

以下、本日の質問の全文を掲載します。個別項目の答弁については、今後の委員会での答弁等も含めて、別途ご報告させて頂きたいと思いますが、本日の答弁の模様は是非、YouTube 中西けんじVIDEO よりご覧ください。

http://www.youtube.com/user/NakanishiKenjiVideo#p/c/58E991089B751FA9/0/u399Khb9nK0

【原子力賠償支援機構法案 質疑全文】

みんなの党の中西けんじです。
政府提出の原子力損害賠償支援機構法案に関連して、みんなの党を代表して、質問させて頂きます。

本日のような本会議場での質疑にあたって、菅総理はじめ閣僚の答弁は、よく、答えにくいところは答えを飛ばしたり、質問をまとめてしまうといったことが多いとお見受けします。本日私は各々の質問の前に番号を付けることとしますので、お答えになる場合には、ひとつづつ、答弁に先立って何番の質問に対する答えなのかを表明していただいた上で、番号をまとめて答えることのないようお願いいたします。

冒頭、今回の修正案作成にあたって、経済産業省の守旧派が作った「法案修正のポイント」「機構法案において修正が許されないポイント」というペーパーで衆議院において野党自民党の修正案担当議員を裏で操っていたという指摘がありますが、菅総理はご存じでしたでしょうか。これが1つ目の質問です。

次に2つめ。今回の原子力発電所事故の賠償責任は誰にあるのかを確認しておきたいと思います。政府は今回の修正案でわざわざ「国の責務」という条項を新設したことにより、あたかも東京電力の賠償責任を軽減させるかのような誤解を国民に与えてしまう可能性があります。原賠法上の賠償責任は原子力事業者のみに責任を集中させることとなっており、今回の事故に関しては国が賠償責任を負うものではないことを原子力経済被害担当大臣に確認したいと思います。

6/14に閣議決定された「具体的な支援の枠組み」にあった「東京電力を債務超過にさせない」という方針は、付帯決議において役割を終えたものと認識するとなっています。読み方によっては、本法案が成立しさえすれば実質的に債務超過になることはないから、閣議決定であえて言及した債務超過にさせないという方針は必要がなくなった、すなわち役割を終えたとも解釈することができます。そこで3番目の質問として、政府は東京電力が今後債務超過になる可能性もあるという見解で良いかについて、これはきわめて大事なことでありますので、総理大臣の認識を確認します。機構が支援したら債務超過にはなりえないのではないかと思うのですが、債務超過になる可能性があるというのであればどういう場合なのかをあわせて説明していただきたいと思います。

これまでみんなの党はじめ、各野党も、今回の事故に関わる賠償金に東京電力以外の電力事業者の負担金が充てられるのは不合理であると主張していたところでありますが、今回の修正案では「原子力事業者ごとに計数を管理しなければならない」と管理するものが負担金の用途ではなく、事業者単位、付帯決議では「機構の各機能」ごととなっています。そこで4つ目の質問ですが、こうした計数管理を行うのは、東電以外の事業者の負担金が東京電力に対する支援には充てないためという理解で良いか、原子力経済被害担当大臣から明確にお答えください。

本件に関してはもう1つ、5点目の質問として、そもそも、なぜ、この条文で東京電力に対する支援に限って別勘定を設けて、将来の事故の賠償と区分するというように明記しないのか、理由をお伺いします。今回の賠償について勘定区分を設ける場合、会計上、機構からの交付は単なる借り入れと評価され資産計上できなくなり、債務超過と認定されてしまう可能性があるから明記できないということなのでしょうか。債務超過としないことが目的だとすると、まさに本末転倒であると考えますが、原子力経済被害担当大臣お答えください。

仕組みとして東京電力が債務超過になることもあるとの前提で考えた場合、第51条に定めるやり方で、国債の交付だけでなく、政府自らが特別会計などから機構に対して資金の交付を一度でも行ってしまったら、それはすなわち国民の税金を投入したこととなり、焦げ付きを発生させないために延々と税金を投入していくこととなるのではないでしょうか。付帯決議での「すべてのステークホルダーに対して必要な協力の要請を行う」ことや、45条第3項に定める「関係者に対する協力の要請」が絵に描いた餅になってしまい、実質的には金融機関や株主より先に税金が投入されることとなってしまうことになるのではないかという懸念に対する菅総理の認識をお伺いいたします。これが6つ目の質問です。

東京電力の株価は、株価収益率や純資産倍率に照らして、まったく説明ができない水準となっており、時価総額も1兆円台を回復したりしています。原子力事故の被害はいまだ広がり続けている状況下、東京電力は無限責任を負っており、一般的には債務超過の可能性も高いとも言われていて、加えて今後事業利益は株主への配当よりも損害賠償に優先的に配分されるであろうことを考えれば、未だに株価が上昇したりしていることは理解に苦しみます。これは、要は市場は債務超過にならないことを前提としているということであると思いますが、これは政府によるミスリードが原因なのではないでしょうか。原子力経済被害担当大臣の見解を7つ目の質問としてお伺いします。

今後、東京電力は無限の責任および上限の定めのない損害賠償を一義的に背負っていくことだけが使命の、日本一暗い会社となってしまうのではないかと危惧しています。我々みんなの党が主張する「地域独占廃止」や「発送電分離」が行われたとしても、東京電力またはそれを承継する会社が、引き続き日本経済の心臓部である首都圏の電力供給体制の中で重要な役割を果たしていくのは間違いないと思いますが、そうした重要なインフラを支える会社の社員の士気をどう考えているのでしょうか。法的整理を実施した上で再生の道筋をつけることこそが今の東京電力には必要であるとみんなの党は主張しております。民間の会社や組織で働いたり、あるいは経営を行った経験を持つ方が極めて少ない現政権には、会社を再生させていくという視点が欠落しているのではないでしょうか。今後の東京電力の社員の士気についての経済産業大臣の見解を8番目の質問としてお伺いします。

我が国はいうまでもなく法治国家です。枝野官房長官の金融機関の債権放棄に関する発言で、まずは株主が責任を問われるはずの会社法上の順序を無視して市場を混乱させたり、浜岡原発を「要請で」急に停止させてみたり、玄海原発では「国が責任を持つ」と海江田大臣が胸を張って現地で説明し、いよいよ運転再開かという段階で、あいまいな基準での「ストレステスト」を突然行うと菅総理が言い出したりと、まさに現政権は「思いつき」「場当たり的」な対応のオンパレードです。みんなの党はすでに「原子力発電所緊急点検法案」を提出し、法律に則った点検、あるいは停止命令を行うべきと主張しております。こうした法律を政府がスピード感を持って策定し、実施に移していくことこそが法治国家としてのあるべき姿なのではないでしょうか。法律を提出するのであれば事前に閣議決定も行われるわけで、少なくとも閣内での見解の不一致や意思疎通のなさといった事態にはならないはずであります。9つ目の質問として、みんなの党提出の法案に対する菅総理の見解を伺います。

本法案による一般負担金の総括原価への反映による電力料金への転嫁、今後のエネルギー政策を考えた場合の原発依存を徐々に少なくしていくことによるコスト増や、別途議論される再生可能エネルギー買い取り法案などによる電力料金の値上げ圧力は必須である中、なぜ今回の法案において、電力料金を下げる仕組み、すなわち電力の自由化、地域独占供給体制の廃止、発送電分離などの方向性を明確に書かないのでしょうか。いくら菅総理が方向性はそのとおりといったところで、法律に明記されていなければ何の意味もないと考えますが、これについての菅総理のお考えを10個めの質問として伺います。

こうした電力料金の値上がりのみならず、政府は現在、税と社会保障の一体改革のための消費税増税、さらには復興財源として、所得税や法人税などの基幹税の増税を方向性として打ち出しています。ひとつひとつの問題を議論していく中で、各々の部分解は個別に出すものの、こうした施策がほぼ同時期に実施された場合の家計や経済全般に対するインパクトについて、誰がどこで試算をし、政策の整合性を図っているのでしょうか。一体誰がこの国のマクロ経済の司令塔となっているのでしょうか。果たしてこの政権に司令塔は存在しているのでしょうか。最後11番目の質問として、内閣総理大臣の見解をお伺いし、これで私の質問を終わらせて頂きます。

2011年07月29日 (金)

夏休み 親子で行く国会見学バスツアーのお知らせ

夏休みを利用し、親子で体験出来る国会見学バスツアー!

通常見学出来ない、昨年完成しました参議院会館の見学や中西けんじ議員との質疑応答を予定しております。

夏休みの自由研究にぜひ親子で参加してみませんか?!

もちろん、ご夫婦、お友達同士、お一人でのご参加もお待ちしております。

日時:2011年8月22日(月)

行程:

戸塚消防署付近→東戸塚コナカ前出発→国会議事堂見学→参議院会館見学→中西けんじ議員との懇談および質疑応答

→警視庁交通管制センター→ご乗車場所と同場所にて解散 ※17時頃の解散を予定しております

会費:

大人(中学生以上)4.000円  小学6年生まで:2.000円 

※8/18(木)または定員になり次第、締切りとさせて頂きます。

※尚、国会日程の事情により延期となる事がございますのでご了承ください。

集合時間・集合場所  

8:00 戸塚消防署付近

8:30 東戸塚駅 コナカ前

お問合せ:参議院議員 中西けんじ事務所 TEL045-641-6511   

※ご参加希望の方は恐れ入りますが、お電話にてお申し込みください。

2011年07月28日 (木)

7/29参議員本会議で質問に立ちます!

7/29本会議で中西けんじが質問に立ちます。

原子力損害賠償支援機構法案の趣旨説明に対する質疑で、菅総理大臣、海江田大臣の認識を質します。

7/29  11:10-11:30(予定)

 是非、以下の参議院ホームページよりご覧ください。(終了後もご覧いただけます)

 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2011年07月28日 (木)

小さな元気なお客様

 

 

今日は可愛い元気なお客様の国会見学。
幼稚園の年長、小学校1年生のお子さんがお母さんと一緒に来てくれました。

議員会館でも国会議事堂でもそれこそ興味津々といった様子。
事前にずいぶん勉強をしてきてくれたようで沢山の質問を受けました。

「国会は節電をしているのか。」
「議員は毎日どのように時間を過ごしているのか。」
「議員になるにはどうすればいいのか。」
「どんな演説をしているのか。」
「食事をする時間はあるのか。」
「食べ物に好き嫌いはあるのか。」

などなど。

いつもとは違った種類の質問も多く、楽しみながら受け答えをしました。

国会中継をインターネットテレビで一緒に見たときには、委員長が質問者を「~くん」と呼ぶことを可笑しがったり、居眠りをしている議員がいないか厳しくチェックしていました。

鋭いですよね。

議員食堂ではやっぱりカレーとラーメンが人気だったようです。 

こうした機会を通じて政治に興味をもってくれるお子さんが増えることを願っています。

2011年07月26日 (火)

8/3(水)中西けんじが「ニコ生シノドス」に出演します!

「ニコ生シノドス」 8/3  19:30-21:00(生放送) に中西けんじが出演します!

  テーマ: ポスト菅政権の政策論争
     司会:飯田泰之 駒沢大学准教授
     他に民主党、自民党、公明党の議員も出演する予定です。 

詳細はこちら http://live.nicovideo.jp/watch/lv55689903 をご覧ください。

 

2011年07月26日 (火)

7/25財政金融委員会報告

本日は直前の参議院予算委員会で2次補正予算が可決したことを受けて、その財源としてH22年度の決算剰余金を使うための特別措置法の質疑・採決を行いました。

2次補正予算については、規模も2兆円と少ないばかりか、その中身も8000億円が使い道の決まっていない予備費としての計上となっている、あるいは東京電力をゾンビ企業として生かさず殺さずのままにするという「原子力損害賠償支援機構法案」のための関係経費が含まれている等々、問題も多く、非常にお粗末なものではありましたが、一方で、放射能モニタリングや校庭等の放射線低減事業等の原子力損害賠償法関係経費が含まれており、発災から4ケ月が立つ中、一刻も早い復旧をとの思いから、みんなの党は補正予算および特別措置法について賛成をしました。

賛成に際しては、復興財源に関わる政府の考えをしっかりと質すべきとの観点から財務大臣の見解を質しました。
財務大臣の答弁はこれまでとニュアンスが明らかに変わってきており、財源の項目として、これまでみんなの党が提案し続けている特別会計の積立金の活用や政府保有株の売却等についても、新聞報道の通り、どうも政府内での検討が始まっているなという感想を持ちました。引き続きしっかりとこうした提案が実現されるよう働きかけを行っていきたいと思っています。

また、今年度の税収が見込みより少ないことは確実な中、3次補正で減額補正をした場合には国債発行額もさらに増発する必要があり、当初予算で「前年を超えない」としていた国債発行額に関する目標すら守れない可能性が高くなってきていることも指摘しました。

外為特会に関する答弁では、相変わらずピントのずれた答弁の繰り返しでした。おそらく財務官僚の作成した答弁をそのまま読んだのでしょうが、全く見当違いの答えになっていて、それを指摘したところ野田財務大臣はとても困惑しておりました。事前に質問通告をしてありますが、官僚の答弁の内容を一切チェックしていないのだろうと思います。

その後行われた本会議後、みんなの党の控室に大臣が補正予算の成立の「お礼回り」の挨拶に来られた際、「今日の委員会での質問はきつかったよ」と、本音を呟いて行かれました。

ただ反対をするのではなく、こちらも真剣に考えて提案をしているわけですから、せめてこちらの提案内容をしっかりと理解し、きちんと検討を行った上で委員会で答弁をして欲しいと強く感じた次第です。

動画はこちら

 

 

2011年07月25日 (月)

国会見学バスツアー

当事務所主催の国会見学バスツアーの第9弾。今回は横浜市金沢区発着で、金沢区選出の

篠原豪市議がアテンドしました。夏休みに入りましたのでお子さんの姿も。

 

 議員会館でお話をしたあと、執務室を見てもらい、衛視のガイド付きの議事堂内見学と議員食堂での昼食。

午後は私が委員を務める財政金融委員会が開催されましたので、傍聴もしていただきました。

 

国会見学の後は警視庁交通管制センターをも回るという盛り沢山のコースとなりました。

 

国会見学が初めてという方が多く、楽しかったという声をたくさんいただきました。

少しでも政治を身近に感じてもらえるように、この催しは続けていきたいと思います。

 

次回は8月22日の月曜日、戸塚区発着の予定です。夏休みの終盤ですから、お子さんの

参加を期待しているところです。学校の自由研究の宿題の題材にでもしていただけたらと思っています。

 

 

 

2011年07月25日 (月)

7/25財政金融委員会で質問に立ちます!

本日7/25 財政金融委員会で中西けんじが質問に立ちます。

2次補正に関連して復興財源のあり方について財務大臣の認識を質します。

7/25  14:52-15:02(予定)

 是非、以下の参議院ホームページよりご覧ください。(終了後もご覧いただけます)

 http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

2011年07月23日 (土)

国政報告会

 

関内での国政報告会には神奈川県中からたいへん沢山の方にご参集いただきました。 

昨年の参議院選挙から1年ということで、1年間の活動を振り返るとともに2年目の活動計画について報告をいたしました。

この1年間はすべてが初めての経験で、国会の日程がどのように進んでいくのかもわからず、手探りで直近の課題を無我夢中でこなしたという感が強く、あらかじめ先のスケジュールを組むことがままなりませんでした。2年目は少し要領がつかめてきましたので、国政報告会や国会見学を定例化していくつもりです。

江田幹事長、浅尾政調会長からは過分のお言葉をいただきました。県議、市町村議員、衆院支部長ほか多くのみんなの党の仲間たちも参加してくれました。

皆様、本当に有難うございました。しっかりと力を尽くしてまいります。

席上、江田幹事長から、私の事務所の一員として昨年の選挙以来ともに頑張ってきました久米英一郎さんが、近く次期衆院選の神奈川10区(川崎市川崎区、幸区、中原区)の公認候補予定者として支部長に就任することが発表されました。
是非とも皆様のお力添えをたまわりたいと存じます。

  

お知らせ

バックナンバー

このページのトップへ