中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

2010年11月12日 (金)

11/11財政金融委員会・11/12本会議報告

昨日財政金融委員会が開催され、「保険業法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律」案について質疑および採決があり、全会一致で可決され、それを受けて本日の本会議で参議院として全会一致で採決されました。

保険業法については従来「不特定」の者を相手方として保険の引き受けを行う保険業のみを法律の対象としており、任意団体等で「特定」の者を相手方として保険業類似の事業を行うものについては法規制や監督官庁がなく、いわゆる「マルチ商法」等の問題を引き起こしてきたことから、平成17年に法改正が行われ、契約者保護の観点から保険業の定義を見直し、「特定」の者を相手方として保険の引き受けを行う事業についても、原則として保険業法の規定を適用することとし、また公益法人については「当分の間」共済事業を行うことができるとの経過措置を設けました。

しかしながら公益法人については、その後の公益法人制度改革により平成25年11月までに新法人(一般社団・財団法人等)に移行することとなり、新法人移行後はそのままの形態では共済事業を行うことができないこと、また法改正以前から共済事業を行ってきた任意団体等の中には、改正後の保険業法の規制に直ちには適合することが容易ではないものも存在していることから、今般、既存団体のうち、一定の要件に該当するものについて、保険業法の規制の特例を設け、当分の間その実態に即した監督を行うこととする改正を行うこととしたものです。本法律施行後、5年を目途として改正後の実施状況、共済に係る制度の整備状況等を勘案し、再度適当な見直しを行う旨もあわせて規定してあります。

財政金融委員会では「一定の要件に該当する」とするその運用内容について金融庁に確認を行い、あわせて当該団体の顧客への重要事項の説明や監督官庁の検査等が実効的になされるよう意見を表明した上で、賛成に票を投じました。

 

財政金融委員会の動画はYouTube「中西けんじVideo」からご覧頂けます。

また本会議の模様は参議院ホームページ(http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php)からご覧頂けます。

 

2010年11月12日 (金)

駅頭 日吉駅

みんなの党が来年4月に行われる横浜市議会選の候補予定者として公認した豊田有希(ゆうき)さんとともに日吉駅に立ちました。豊田さんは私の中学・高校・大学の後輩にあたります。最近まで会社勤めをしていましたが、会社を辞め、港北区での政治活動に専念しています。若い力がどんどん集まってきています。大きなパワーになっていくと確信しています。

2010年11月11日 (木)

財政金融委員会視察《日本銀行・取引所》

11日の財政金融委員会の後の午後は日本銀行、東京工業品取引所、東京証券取引所へ、財政金融委員会の視察に行ってきました。

日銀には前職のときにも、何度もお邪魔していましたが、今回初めて地下の大金庫に入らせてもらい、40億円が一単位のお札の束が沢山あり、総額では想像を超える新札、旧札の山を拝ませてもらいました。

その後の日銀幹部との懇談では、総裁、副総裁のほかに6人の審議委員が勢ぞろいしてくださったので、私は真っ先に質問をさせていただき、政策決定会合で反対意見を述べて異彩を放っている須田美矢子委員に、包括的緩和の評価について聞きました。須田委員は、リスク資産の買い取りについては民間の投資を促す呼び水としての役割を期待できるので「賛成」、金利に働きかける量的緩和には、もう既に十分に低水準の金利へのプラスの効果はほとんど期待できないとして「反対」というはっきりした物言いでした。私自身はこれまでも述べているように、今のデフレ状況下では両方とも必要と考えているので意見を異にするわけですが、須田委員のおっしゃることは一つの明快な意見だと思います。白川総裁は、リスク資産の買い取りは「一歩か二歩財政政策に近付いている」という認識を示し、しかしながら「政府は予算にしばられる」という制約があるので、日銀が現段階でできることをやった、という趣旨の発言をされていました。私は政府はまさに予算に縛られるべきで、財政政策だということを明示して、このリスク資産の買い取りを政府が積極的にサポートすべきである、ということを財政金融委員会の場でも主張しておりますが、今後もこれは訴えていくつもりです。

取引所視察のあと、視察した2つの取引所のほかに東京金融取引所も懇談に加わり、総合取引所及び取引所の統廃合についての意見交換をしましたが、取引所側からは否定的な見解が相次ぎ、将来の姿をどのようにしたいのか、という考えがみえなかったのが残念です。どうもできない理由をさがしているような発言が多かったので、事務所に帰ってから、経営陣の経歴を調べてみましたが、東証を除き、見事なまでに旧大蔵省、通産省の役人でした。要するに天下ったということでしょう。こうしたことが前向きな事業展開を阻む大きな要因となっているという思いを強くしました。

2010年11月10日 (水)

《『中西けんじ後援会』のご案内》

中西けんじの政策に賛同し、共に政治を変えていきたい方、政治に参画したい方等、どなたでも入会の募集を行っております。
入会申し込み・お問い合わせは横浜事務所(電話 045-641-6511)までお気軽にどうぞ。

なお、現在ホームページからも入会手続きができるようにすべくホームページの改修を行っております。ホームページからのお手続きは今しばらくお待ちください。

2010年11月10日 (水)

劉暁波氏の釈放を求める国会決議案を提出しました

本日、「中国政府に対し、ノーベル平和賞受賞者である中国の民主化活動家・劉暁波氏が12月10日にオスロで予定されている授賞式に出席できるよう早急に同氏を釈放することを求めるとともに、同氏の妻である劉霞氏が式典に同行できるよう自由を早急に回復するよう求める」旨の国会決議案をみんなの党として参議院事務総長に対して提出してきました。菅総理は昨日の衆議院予算委員会においても「釈放されることが望ましい」という願望を繰り返すのみに留まっており、党派を超えて多数の議員が賛同することを大いに期待しています。

決議案PDFファイルはこちら

2010年11月10日 (水)

国政報告

先週から補正予算の審議が始まりましたが、どうも経済対策や予算の中身よりも、小沢氏の「政治とカネ」の問題や、尖閣のビデオ問題に審議の時間が割かれ、大事な問題は何とか同時並行的に議論を進められないものかと、国会運営のあり方につき疑問を持っております。

みんなの党では先の参院選挙で参議院議員数が11名となり、単独法案の提出が可能となったことから、さまざまな法案を提出する準備を進めています。法案は1名の提出者と10名の賛同者という形で提出されますが、各々の法案について提出者が中心となって作成作業を進めています。先週は各法案についての党内での意見交換を行いました。

1日には初めての「国会見学ツアー」を開催しました。今回は戸塚、東戸塚地区にお住まいの方々に声をおかけし、50名を超える方々に参加いただきました。朝方の雨も皆さんが到着する頃にはすっかりあがり、議場や予算委員会が行われる第1委員会室、天皇陛下が開会式の際にお越しになられる際にお使いになる「御休所」等の見学を楽しんで頂きました。政治を身近に感じて頂き、興味を持って頂くためにも、こうした活動は今後も数多く実施していきたいと思っております。

3日には後援会の設立総会が開催されました。休日にもかかわらず、150名を超える方にご参加いただき、無事「中西けんじを応援する会」を設立して頂きました。また多くの県会議員、市会議員、来年の統一地方選挙の公認候補予定者の方々にも応援に駆けつけて頂き、大変盛り上がりました。皆様ありがとうございました。

日曜日の6日には早稲田大学でのパネルディスカッションに招待して頂き、他党の議員との1時間半のディスカッションは経済と外交に関する話であっという間に過ぎてしまい、当初予定されていた女性の社会参画や人口減少といったテーマまではいきつきませんでした。始めこそ空席が目立ちましたが途中からは席もほとんど埋まり、また、進行を務めてくれた早大生はずいぶん勉強しているようでしたし、最後の質疑では高校生から鋭い質問が投げかけられ、関心の高さに明るい気持ちになりました。久々に大学の学園祭に顔を出しましたが、物凄い熱気に大きな力をもらいました。27日の神奈川大学でのシンポジウムも楽しみです。

今週は保険業法の改正に関する法案審議が入っており、来週は参議院での予算委員会が予定されております。今後の委員会において質問すべき事項はたくさんありますが、どれに絞っていこうかとじっくりと考えているところであり、同時に内閣に対する質問主意書の提出の準備もしております。内容についてはあらためて報告させて頂きます。

(写真は党の勉強会の風景です)

2010年11月07日 (日)

岩本県会議員 後援会発会の集い

 

夜は茅ヶ崎の岩本一夫県議の後援会発足の会合に出席しました。はじめにバンド演奏が入るのが茅ヶ崎らしいですね。岩本県議は議員生活32年で初めて後援会を作ったそうです。これまで後援会なしでずっと当選し続けてきたのは大変なことだと思います。ちなみに発足した会は「みんなの会」という名称です。

2010年11月07日 (日)

早稲田大学学園祭パネルディスカッション

早稲田大学学園祭の討論会「日本の救世主は誰か!?若手政治家徹底討論!」にご招待いただき、他党の3名の議員(三村和也さん(民主)、丸川珠代さん(自民)、西田実仁さん(公明))とのパネルディスカッションに参加しました。1時間半のディスカッションは経済と外交に関する話であっという間に過ぎてしまい、当初予定されていた女性の社会参画や人口減少といったテーマまではいきつきませんでした。始めこそ空席が目立ちましたが途中からは席もほとんど埋まり、また、進行を務めてくれた早大生はずいぶん勉強しているようでしたし、最後の質疑では高校生から鋭い質問が投げかけられ、関心の高さに明るい気持ちになりました。久々に大学の学園祭に顔をだしました。物凄い熱気に大きな力をもらいました。27日の神奈川大学のシンポジウムが楽しみです。

2010年11月03日 (水)

後援会設立総会

後援会発足にあたり、設立総会を行いました。

大変多くの方々に足を運んでいただき、あらためて皆様から支えられていることを実感させて頂きました。浅尾政調会長、地方議員の方々がご出席くださり、来年の統一地方選・次期衆院選に向けてみんなの党から公認発表された候補予定者の方も一緒に盛り上げてくださいまいした。                                  

後援会入会のお申し込みは横浜事務所で承っております。(今後ホームページからの入会もできるよう、現在ホームページの改修を行っております。) 

2010年11月02日 (火)

勉強会

今朝は私が事務局長を務めている参議院選挙制度改革の勉強会を行いました。国会議員定数削減に向けて党で成案を得るべく精力的に開催しております。

またそれに引き続き、党提出予定の法案の勉強会も行いました。明後日は参議院でも本会議が開催され、いよいよ補正予算の審議も始まります。実りのある国会になるよう引き続き頑張っていきます。

お知らせ

バックナンバー

このページのトップへ