中西けんじ公式ホームページ(参議院議員:自由民主党 神奈川県選挙区)

2010年09月10日 (金)

駅頭 二俣川駅

気温が下がって快適でした。多くのかたに声掛けしていただきました。有難うございます。二俣川はちょっと来ない間に、長崎屋がドンキホーテに。

2010年09月09日 (木)

初質問

本日、みんなの党の呼びかけで実現した財政金融委員会の閉会中審査が開催され、10分間という短い時間でしたが、自身初めて、委員会での質問に立ちました。

その模様はYouTubeの「中西けんじVIDEO」でご覧頂けます。

野田財務大臣には、

・現在の為替市場の動向に対して危機意識をもっているのか

・最近のテレビ番組で言及している介入の目標は何か

・外国為替特別会計の30兆円を超える評価損を抱える中、更なる介入に関わるリスクをどう認識しているか

・外貨資産の運用のあり方について、より通貨分散をはかるべきではないか

日銀の白川総裁には、

・7日の政策決定会合後の記者会見での「適時適切に政策対応を行っていく」との発言について、「適時」には予防的に動くということを含めて考えているのか

・量的緩和やゼロ金利政策を再び行うべきではないのか。「効果と副作用」と言っている「副作用」はどこまでを想定しているのか

を質しました。

これらの質問に対し、なかなかストレートな回答は得られませんでしたが、野田大臣からは外貨準備における通貨分散について、「提案として受け止めさせて頂く」旨の発言を引き出しました。

実は最後に、日銀に対して、リスクプレミアムが相対的に大きくなっているREIT株のようなリスク資産を購入し市場の健全化を図ることを考慮すべきとの提言を行う予定だったのですが、何せ10分という短い時間でしたので、時間切れになってしまい提言することができませんでしたのでまた別の機会に主張していきたいと思います。

とにかく質問と答えをあわせて10分という時間でしたので、時間の制約を意識するあまりやや早口すぎたかなと反省。また、質問に対する答えを受けて再度質問するといったやりとりができず、「残念」であった一方、「やはり委員会が主戦場である」といった思いを強くしました。

国会会期中には、財政金融委員会は毎週2回行われ、毎回私自身が質問に立つことができますので、今回の経験を次回以降に活かしてしっかりやっていきたいと思います。

写真上から:委員会全体風景、質問する中西けんじ、答弁する野田財務大臣、白川日本銀行総裁、傍聴に駆けつけてくださった支援者の方と

動画はこちら

2010年09月09日 (木)

本日 財政金融委員会が開催されます

本日9月9日(木) 10時から、野田財務大臣、自見金融担当大臣、白川日本銀行総裁が出席しての参議院財政金融委員会が開催されます。

中西けんじは委員として初めての質問に立つこととなっております。

参議院ホームページで委員会の中継がされますので、ぜひ皆様も中西けんじの質問の様子をご覧ください。

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

中西けんじの質問予定時刻は11:55~12:05です。

質問者としては5番目(公明党 竹谷議員の後です)、政党では民主党、自民党、公明党の次という順番となっていますので、質問開始時刻がやや前後することもありますのでご了承ください。

 

2010年09月06日 (月)

駅頭 緑園都市駅

横浜市泉区内で毎朝駅頭活動をしている沢村ゆみさんとともに相鉄線の緑園都市駅に立ちました。

瀟洒なマンションが立ち並んでいるところです。今日も汗びっしょり。秋の涼しさが本当に待ち遠しいです。

 

2010年09月05日 (日)

ペタンク大会

今日は港北区のペタンク大会にうかがいました。

2010年09月04日 (土)

駅頭 新百合ヶ丘駅・たまプラーザ駅

まだまだ本当に暑い日が続いていますね。タオルで汗をふきながらの街頭演説でした。

凍らせていた保冷剤がすぐ溶けてしまう。冷やしたタオルがあっという間に熱くなってしまう。

なんとも大変な状況でした。そんな中でお手伝いいただきましたボランティアのかたがた有難う

ございました。

2010年09月03日 (金)

国政報告

急激な円高、株安の進行に対して政府の対応が非常に緩慢であるため、みんなの党が財政金融委員会の閉会中審査(国会の閉会中であっても議院の議決があれば閉会中も会議を開いて審査または調査を行うことができることとなっています)を要求したことは前回の報告でも書かせて頂きました。日銀総裁が海外出張から戻る週明けの31日の開催を求めていたのですが、9月9日にようやく財政金融委員会が開催されることとなりました。

こうした中で、日銀は9月6-7日に予定されている金融政策決定会合を待たずに8月30日に臨時会合を開催し、3月の会合で20兆円程度の供給量の拡大を決めた0.1%の固定金利での共通担保資金供給オペ(新型オペ)について、追加的に10兆円程度、期間6カ月の資金供給を開始することを決定しました。しかしながら、残念なことにこの措置は、ずっと以前から市場で予想されていた通りの内容で、本施策の発表まではひょっとするとサプライズがあるかもしれないと、じわじわと円高が是正されていたにもかかわらず、発表後には再度円高傾向に戻ってしまうという皮肉な結果になり、日銀の対応が後手に回ったという印象を強く残してしまいました。

一方の政府について言えば、わが国の経済がさらなる下振れリスクに直面している中、14日に民主党の代表選を行うということで1日に選挙戦に突入しました。金融政策のみでは現状のデフレ脱却は困難であり、政府の経済政策との連動が必要であるにもかかわらず、代表選まではまったく政府の動きが止まってしまうことに大きな懸念を抱いています。

みんなの党では政治の空白期間を生じさせないようにすべく、参議院のみならず衆議院でも予算委員会をはじめ各委員会で閉会中審査を求めています。

9日の財政金融委員会には財務大臣、金融担当大臣、日銀総裁も出席し、私はみんなの党を代表して、自身初めての質問を行う予定です。2時間25分の時間の中で委員数に応じて質問時間が割り振られ、委員が1名のみんなの党には10分のみの割り振りということになります。やはり政治には数も必要であるという事実をあらためて思い知らされます。

代表選の結果次第では内閣がどうなるかわからないというバタバタの状況下で行われる委員会ですので、どこまで政府が真摯な対応をするのかが不明ですが、与えられた10分という時間を最大限に活用すべく、現在どういう質問をするかをじっくりと考えているところです。委員会の結果はまたあらためてご報告させて頂きます。

民主党の代表選について一言だけ。まったく国民目線、国民感情と乖離している民主党内の論理にはあきれるばかりです。記者会見では、どちらの候補も昨年8月の政権交代以降の政権運営にかかわる混乱、無策に対する反省の言葉もなく、むしろお互いに責任をなすりつけている感もあります。こんな感じではどちらが党首・総理大臣をやっても先が見えています。とにかく「無責任な思い付きの耳障り良いだけの政策」に振り回されるのだけはご免だということを申し上げておきたいと思います。

 

2010年09月02日 (木)

駅頭 東神奈川駅

昨日よりは気温が下がり少し過ごしやすい朝でした。午後はみんなの党のアジェンダ勉強会に参加。

2010年09月01日 (水)

駅頭 金沢文庫駅

9月に入りましたが暑さは続きますね。金沢文庫での駅頭はこんなにも汗がでるのかと思うほど

汗ビッショリとなりました。ずっと話しながら後頭部に日光を受けていたので、演説を終えてからハンカチを

水で濡らして頭部と首筋に。ほっと一息。

お知らせ

バックナンバー

このページのトップへ